スマートフォン版

よくある質問

学び/資格
質問

学校案内に書いてある免許や資格は、在学中に全部取得できるのですか? 全部取得しなくてはいけないのですか?

答え

免許や資格取得に必要な科目を履修すれば卒業と同時に取得できるものや、受験資格が得られるもの、検定試験のあるものなどさまざまです。
資格取得は選択できますが、卒業資格を得るための、単位修得数は家政学科(家政専攻・生活福祉専攻・食物栄養専攻)・幼児教育学科=64単位以上、看護学科=105単位以上が必要です。

質問

医療事務の仕事をしたいのですが・・・

答え

家政専攻では、医療事務の資格であるメディカルクラークをはじめとした資格試験の受験をサポートする授業や病院で医療事務の実習を行なっています。 家政専攻へ

質問

幼児教育学科希望ですが、私はあまりピアノが弾けません。大丈夫でしょうか?

答え

ピアノが弾けることが、幼児教育学科の入学条件にはなってはいませんが、卒業時までにバイエル終了が必修になっています。入学後、一人ひとりのレベルを見て、グループわけをし、授業がはじまります。
入学してから苦労するより、入学前から少しでも鍵盤に慣れておくと学生生活にも気持ちにも余裕が生まれます。
また、個人に開放しているピアノのレッスン室が20部屋あり休み時間などに自由に練習できます。

質問

取得できる学位はなんですか?

答え

取得できる学位は次のようになっています。

 

家政学科家政専攻 短期大学士(家政学)

家政学科生活福祉専攻 短期大学士(介護福祉学)

家政学科食物栄養専攻 短期大学士(食物栄養学)

幼児教育学科 短期大学士(幼児教育)

看護学科 短期大学士(看護学)

専攻科 養護教育専攻 学士(教育学)

専攻科 幼児教育専攻 学士(教育学)

専攻科 地域看護学専攻 学士(看護学)

専攻科 助産学専攻 学士(看護学)

 

※専攻科は学位授与機構認定後に取得となります

 

ページトップへ
学生生活/クラブ活動/アルバイト
質問

アルバイトはできますか?

答え

勉強と両立できる範囲で可能です。飯田インターからのアクセス道路沿いにはたくさんのお店があり、様々な職種のアルバイト情報も寄せられており、掲示もしています。しかし、学生の安全上、夜遅く(21時以降)なるようなアルバイトや危険なアルバイトなどは禁止しています。

質問

インターネットはできますか?

答え

学内のパソコン教室・図書館・就職進路資料の閲覧室のパソコンで利用できます。

質問

クラブは何がありますか?

答え

文化部には、合唱クラブ、ボランティアクラブなど13団体 、運動部にはバトミントンクラブ、ダンスクラブなど11団体 、他同好会2団体のクラブがあります。学科専攻コースや学年の枠を超えて交流が広がります。   詳しくは クラブ紹介へ。

質問

授業は何時から何時ですか? 時間割は?

答え

授業は朝9時から夕方5時50分まで、1時限から5時限まで組まれています。それぞれの自分の目的に応じて、必要単位と資格取得をしますので、選択する科目によって授業のない時間もあります。短大の学びは、前期と後期に分かれていて、学期間は1週間同じカリキュラムを学びます。

ページトップへ
入試
質問

過去問題集がほしいのですが・・・

答え

資料請求ページからお申込みいただけます。

メール(nyuushi(@マーク)iidawjc.ac.jp)での資料請求の際
にはメッセージ欄に過去問題集希望と明記していただければ一緒にお送りいたします。
FAXやハガキでのお申し込みの際には以下の内容をお知らせください。

お知らせ頂く内容 1.お名前(ふりがな)
2.郵便番号と住所
3.高校名
4.学年
5.電話番号
6.希望学科専攻コース
7.過去問題集希望と明記


※専攻科の過去問題については、非公表となっております。ご了承下さい。
FAX番号 : 0265-22-9700 (入試事務局直通)
・請求先住所 :〒395-8567 長野県飯田市松尾代田610番地 飯田女子短期大学入試事務局

ページトップへ
学費/奨学金
質問

奨学金制度はありますか?

答え

日本学生支援機構(旧:日本育英会)奨学金、真宗大谷育英財団、各都道府県看護職員修学金、また、飯田女子短期大学独自の奨学金制度など各種奨学金があります。 詳しくは 入学金・学費・奨学金へ

質問

学費以外にかかる費用は何ですか?

答え

教科書代、実習で着用する白衣やユニフォーム、免許・資格取得に関わる学外実習費や申請費用などがあります。

ページトップへ
松尾寮/アパート
質問

校舎等の耐震化はできていますか?

答え

はい、学生寮は平成26年3月、校舎は平成27年3月に耐震化工事が完了しています。

質問

短大の近くには、アパートがありますか?

答え

短大の近くには学生向けのアパートが350室余あり、アパート生活をしている学生のほとんどが、10~20分程の徒歩で通学しています。家賃は30,000円~45,000円のアパートが多いです。   学生生活の経済学へ

質問

寮の希望者は必ず入ることができますか?

答え

学生寮は、入試種別の順番に、合格者の入寮希望者から順次決定していきます。一般入試など後半の入試になりますと希望にそえない場合もあります。

質問

学生寮での生活はどんな感じですか?

答え

1年生と2年生の一部の学生は、2人部屋(6畳)で生活をします。
2年生になると、前期後期のどちらかに1人部屋の場合もあり、看護学科3年生は1人部屋です。
集団生活なので、決まりごとや当番活動もあり、窮屈に感じることもあるかもしれませんが、人間関係づくりを学んだり、かけがえのない友人ができたりと、短大時代のもう一つの思い出となると思います。
先輩寮生が相談にのってくれたりする、アットホームな雰囲気です。  学生寮へ

質問

学生寮はどのくらいかかりますか?

答え

入寮費が32,000円、寮費は月額24,000円、食費は3食付き(日曜・祭日は除く)で、月額26,000円で年2回の分納です。
1
月の生活を考えるとおよそ5万円で生活できることになります。食事は平日3食、土曜日2食(日・祝日を除く)です。  学生寮へ

ページトップへ
就職/進学
質問

短大の学科から専攻科へ進学するには、どうするのですか?

答え

希望する専攻科の入学試験を再度受ける必要があります。推薦入学と一般入試があり、他学校の卒業生や社会人も対象となります。本学の卒業予定者と既卒生は入学金が減免になります。
詳しくは  入試情報専攻科へ

質問

看護師国家試験の合格率は?

答え

看護学科開設以来、毎年、全国平均を上回る合格者を出しています。1・2年次から看護師として学ぶ姿勢を確立して行きます。3年次には、国家試験対策として小グループに分かれた学生を、学科の教員全員でサポートし合格を目指しています。

質問

大学への編入ができますか?

答え

国・公・私立の多くの4年制大学から、3年次あるいは2年次への編入の案内が届きます。

指定校推薦として編入学可能な大学は、家政系、幼児教育系を中心に受け付けています。

□進学・編入学一覧

質問

卒業後、自分の出身地に勤めたいのですが、できますか?

答え

出身地への就職を希望する学生は、ほとんど希望どおり就職しています。本学の卒業生の70~80%が出身地への就職を希望し、地元の企業・施設・病院等で活躍しています。

ページトップへ
オープンキャンパス/学校見学
質問

短大見学はいつでもできますか?

答え

短大見学は、随時受け付けています。
学校行事などでご案内できない場合もありますので、見学希望日の
3日程前までにご連絡いただき、日時などを打ちあわせの上ご来学ください。 お待ちしております。
平日(月~金)10~16時は随時、土日祝日もご希望によりご案内いたします。
オープンキャンパスも年数回行っております。こちらにご参加いただくと実際の学校の様子がよくわかります。
学校見学等のお問合せ・お申込み方法

おしらせ頂く内容 1.見学を希望する日時(○月○日の午後など 第1~3希望挙げて下さい。)
2.お名前
3.高校名
4.学年
5.電話番号
6.希望学科専攻コース
申し込み方法 電話 0265-22-9700(平日8:30~17:00)(広報課)
メール nyuushi@iidawjc.ac.jp


ページトップへ
その他
質問

校舎等の耐震化はできていますか?

答え

はい、学生寮は平成26年3月、校舎は平成27年3月に耐震化工事が完了しています。

質問

通常の授業を聴講したいのですがどうすればいいですか?

答え

本学には、科目等履修生という制度があり、本学の授業に支障がない場合、年間15単位以内であれば、授業を受けられる制度があります。
出願資格は本学入試の出願資格と同じです。必要に応じて審査を行う場合があります。
必要書類は「科目等履修生志願書」「最終学校の卒業証明書(本学卒業生は不要)」「健康診断書」です。
授業料は、講義・演習科目は1単位20,000円、実験・実習科目は1単位30,000円です。材料費等を別途徴収する場合があります。既納金は原則として返還いたしません。
科目等履修生として不適当と認められるときは、その資格を取り消す場合があります。

質問

働きながら学ぶことはできますか?

答え

家政学科・幼児教育学科には、長期履修生入試があります。育児や勤務先の事情などを考慮し、あらかじめ3~6年の範囲で短大を卒業できる制度です。   入試情報へ

ページトップへ
飯田女子短大OGの各種証明書の発行について
質問

飯田女子短大OGの各種証明書の発行について

答え

卒業生からの証明書の発行請求の受付は、本人確認のため、お電話で承っております。
電話で申し込んだ後、本学の証明書係まで手数料(切手で代用)と送付先(郵便番号・住所・氏名)を書いたメモを封書でお送りください。
手数料の切手と送付先のメモが到着し次第、証明書をお送りさせていただきます。作成までの時間と郵便事情等を勘案してお早めにご請求ください。氏名・本籍地等は卒業当時のものとなります。
事前に申し込んだ証明書は、本学窓口に直接来ていただいて受け取る事も可能です。
(請求先 :教務部証明書係 電話
0265-22-4470 受付時間 平日 8:30~17:00)

ページトップへ