スマートフォン版
HOME >  新着情報 >  報恩講を執り行いました
学校からのお知らせ
報恩講を執り行いました 【2018-11-08】

報恩講とは、親鸞聖人のご命日を機縁として、仏恩に感謝するとともに、自分自身の姿や私達のいのちについてあらためて考える集いです。

_MG_2726_MG_2731

_MG_2741_MG_2757

今年度の報恩講は、大谷大学教授、真宗大谷派宗円寺のご住職である一楽真先生にお越しいただき、「浄土を真(まこと)の宗(むね)とする生き方」という講題の下、お話しをしていただきました。
私たちが宗(むね)とすることはなにか、ありのままの私を受け入れながら過ごしていく大切さを教えていただきました。

ページトップへ