スマートフォン版
HOME >  新着情報 >  報恩講を執り行いました
学校からのお知らせ
報恩講を執り行いました 【2019-11-19】

報恩講とは、親鸞聖人のご命日を機縁として、仏恩に感謝するとともに、自分自身の姿や私達のいのちについてあらためて考える集いです。
今年度の報恩講は、大谷大学教授、門脇 健先生にお越しいただき、「人間が生きる」という講題の下、お話しをしていただきました。
私たちが今いのちをいただいて生きているということはなにか、人間が「生きる」「生きている」ことの意味を改めて考えさせていただく時間となりました。
_MG_0512 _MG_0492 _MG_0514 _MG_0524

ページトップへ