スマートフォン版
HOME >  大切なお知らせ >  J-アラート(全国瞬時警報システム)作動時の対応について
大切なお知らせ
J-アラート(全国瞬時警報システム)作動時の対応について 【2017-09-20】

 J-アラート(全国瞬時警報システム)は、弾道ミサイルが日本の領土・領海に落下する可能性または領土・領海を通過する可能性がある場合に鳴動します。弾道ミサイルは、発射からわずか10分もしないうちに到達する可能性もあります。Jアラートが鳴ったら、(1)速やかな避難行動(2)正確かつ迅速な情報収集を基本として行動するようにしてください。万が一、ミサイルが発射され、長野県内への影響が予想される場合には、国から、ミサイル発射情報や屋内避難の呼びかけ等の緊急情報が伝達され、その情報が携帯電話・スマートフォンの緊急速報メールや各自治体の防災行政無線等を通じて伝えられますので、落ち着いて以下の行動をとってください。また、これらの緊急情報にあわせて、テレビ、ラジオの報道情報等にも注意してください。

【屋内にいるとき】
できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋に移動する
机の下等に身を伏せるなどして頭部を守る

【屋外にいるとき】
近くの建物の中や地下などに避難する
建物がない場合、物陰に身を隠すか地面に伏せて頭部を守る

<<近くにミサイルが落下した場合>>
【屋外にいる場合】
口と鼻をハンカチなどで覆い、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内または風上へ避難する。

【屋内にいる場合】
換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉する。

※大学にいる場合には、教職員の指示に従うこと。
※弾頭の種類に応じて被害の及ぶ範囲や被害の様相、対応も異なります。テレビ、ラジオ、インターネットなどを通じて情報収集に努めてください。行政からの指示があればそれに従って、落ち着いて行動してください。

内閣官房国民保護ポータルサイト(リンク)

ページトップへ