スマートフォン版
HOME >  学科案内 >  家政学科・食物栄養専攻

_N813177edited3

開講科目・授業紹介取得可能な資格・免許卒業後の進路講座・メッセージ

食物栄養専攻の理念・特徴

食物栄養専攻は、健康を守る食の担い手として、多様なライフステージに柔軟に対応できる「知識と技術と心」をもった実力ある栄養士等の食の専門家の育成を目指すとともに、社会の向上発展に寄与することを教育目的としています。 この目的へ向けて、以下の教育目標を立てています。

  1. 栄養士の職務とその重要性を理解させ、「食」に関わる高度の専門的知識・技能の習得をはかる。
  2. 対象者の健康状態、生活状態に対応できる的確な判断力と指導力を養う。
  3. 「食」の研究者・指導者として必要な研究的・実践的態度を養い、自己研鑽への意欲と能力を高める。
  4. 高齢化や少子化、生活習慣病などが進行する地域社会において、各ライフステージにおける食問題を総合的、学際的に理解し、食育・保健・医療・福祉・運動といった多様な領域に柔軟に対応できる食の専門家を目指す。
  5. 食育に関する豊かな知識と技術と心を習得し、実践的な食に関する指導力を養う。

とりわけ、最近は、病気の予防という面での食の重要性がクローズアップされるとともに、子どもから大人まで全ての世代において食への関心が高まってきています。本専攻では、以前からこのような社会情勢に対応すべく上記の教育目標を掲げて、カリキュラム等に反映させる努力をしてきました。たとえば、取得可能免許の中に、栄養教諭免許や介護職員初任者研修修了、フードスペシャリスト資格などを取り入れるなどとして具体化されています。私どもは、本専攻で学んだことが、社会に出ても実践的に役に立つような教育を今後とも積極的に心がけていこうと考えています。

入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

「食べること」や「食事を作ること」など、食への強い興味を持っている人

開講科目・授業内容

平成27年度 カリキュラム一覧

専門教育科目

前期

後期

1年

<栄養士または社会人として求められる基礎知識を学びます>生理学、食品学Ⅰ、栄養学Ⅰ、栄養指導論Ⅰ、食生活論、調理科学、介護概論、福祉制度論、教職論、調理学実験、介護実習、からだのしくみと老化の理解、介護技術演習 <専門的な授業がスタートします>公衆衛生学、生化学、解剖生理学、食品衛生学、栄養学Ⅱ、食品学Ⅱ、栄養指導論Ⅱ、給食管理Ⅰ、教育原理、食品科学実験、給食管理実習Ⅰ、調理実習Ⅰ、フードスペシャリスト論

2年

<より専門的な授業から栄養士に必須の能力を身に付けます>病理学、食品加工学、臨床栄養学Ⅰ、給食管理Ⅱ、栄養情報処理、食料経済、フードコーディネート論、介護事務総論、学校栄養教育論、教育心理学、教育課程論、食品鑑別演習、栄養科学実験Ⅰ、臨床栄養学実習Ⅰ、栄養指導実習(前期)、給食管理実習Ⅱ、調理実習Ⅱ、栄養教育実習(前期) <様々な総合教科を受講し、柔軟な実践能力が付与されます>運動生理学、臨床栄養学Ⅱ、公衆栄養学、栄養カウンセリング論、臨床心理学、教育相談、生活経営学、教育実践演習、栄養科学実験Ⅱ、食品開発実習、栄養学実習、臨床栄養学実習Ⅱ、栄養指導実習(後期)、調理実習Ⅲ、介護事務演習、栄養教育実習(後期)

その他

ゼミナールⅠ・Ⅱ、卒業研究など

―授業内容―

栄養教育実習

栄養教諭になるために、小学校または中学校において一週間の教育実習を行います。学校経営の内容および学校教員の職務内容や使命について学び、児童生徒に対して、食に関する適切な指導ができる実践能力を培います。
N81_1771 P20食物○の中写真

栄養科学実験Ⅰ

栄養科学実験Ⅰでは、五大栄養素の特性とそれらの生体内における代謝・排泄などについて、分析化学・栄養生理生化学的な実験を行います。生体成分や食品成分などを試料にして、五大栄養素の基本的な性質を、実験を通じて学んでいきます。
栄養科学実験Ⅰ① 栄養科学実験Ⅰ②

栄養科学実験Ⅱ

栄養科学実験Ⅱでは生命現象の理解を目的とし、人体の構造と機能について、生理学実験、栄養学実験、組織標本スケッチ、生化学実験などを行います。二年次の後期に行うこの実習では、生理学、栄養学、病理学、解剖学、運動生理学の面から、栄養士として、ひいては管理栄養士としても必要とされる人体の構造と機能分野の深い知識を習熟します。
栄養科学実験Ⅱ① _N810288

食品科学実験

食品の栄養・嗜好・機能性成分および有害物質の分析実験や食中毒菌の検査などを通じて、種々食品の特性や安全制性などに理解を深めます。さらに、修得した「科学的知識・技術と心」をもって、消費者の相談および食生活の指導、食品の安全性確保などを行うことのできる専門家の育成を行います。
_N810238 食品科学実験① 食品科学実験②

食品鑑別演習

官能検査とは人間の五感の能力を利用して行う検査のことで、食品を実際に味わって品質を評価します。官能検査を中心とした食品の品質評価法についての知識と技術を学びながら、品質のよい食品とは何かを考えます。併せて、個々の食品を鑑別するポイントについても学び、用途や目的にあった食品を選ぶ力を養います。
 食品鑑別演習 2 食品鑑別演習 1 食品鑑別演習 3

食品開発実習

地元の食材の加工食品作成をテーマに、学生自らが新製品の企画立案から材料配合や製造法の検討、さらに原価計算、商品形態、ネーミングに至るまでの食品開発のための「手法と知識と心」を学びます。総合的な実習を目指すため、食品工場見学に行ったり、地元の企業にお願いして食品開発の生の指導を受けたりもします。
200901244.JPG _N813287 _N813177

栄養学実習

健康づくりの主軸は、栄養・運動・休養です。ここでは、特に食生活について、健康づくりに焦点をあて、母性栄養から、老人栄養に至る問題をとりあげ、一般栄養学とは異なった栄養の特殊性を理解し、食事摂取基準の正しい理解と運用、食膳の構成を基本として実習を展開していきます。
200904261.JPG 200904262.JPG 200904263.JPG

臨床栄養学実習Ⅰ・Ⅱ

糖尿病、腎臓病、高血圧などの食事療法について詳しく学びます。 各自が献立作成を行い、発注、調理実習をとおして自分の献立を評価します。 また、各疾患の症例から、検査値の見方を学びます。
P1090037 ブログ 2014 23 3 ブログ

栄養指導実習

個人あるいは特定集団における栄養状態の評価や判定方法、栄養指導計画のための基礎知識を習得します。さらに、人びとの健康増進や生活の質(Quality Of Life)の向上につながる計画の立案・発表・討議を通して、栄養・食事改善への効果的な指導内容や媒体、話し方などを学びます。
2009072211.JPG

調理学実験(基礎調理を含む)

食品の調理性や調理操作に関する理論を実験を通じて学びます。普段何気なく行っている調理操作について深く考え、各種材料の調理操作による変化を理解します。また基本的な調理技術や調理を安全に行うための知識を身につけ、大量調理に応用する能力を養います。
調理学実験  P22  調理学実験 N81_1687

給食管理実習Ⅰ・Ⅱ

給食管理実習Ⅰでは、献立作成・発注・検収・調理・盛り付け・配膳・洗浄などの一連の給食作業を学内で行い、体験を通して集団給食管理の知識および技術を習得します。 給食管理実習Ⅱでは、給食管理Ⅰ・Ⅱで学習したことを基礎に、学外の特定給食施設で実際に1週間実習をします。施設の栄養士の指導のもとに給食管理の実際を実地に修練し、栄養士として具備すべき知識および技能全般を体得します。
200907211.JPG 200907212.JPG 2009072132.JPG

調理実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

「中国料理・西洋料理・日本料理」を実習します。調理法の要点や食品のもつ調理性を理解し、的確な調理技術の習得をはかります。
200907203.JPG 200907202.JPG 200907201.JPG200907204.JPG 200907205.JPG 200907206.JPG2009042071.JPG 2009072081.JPG 2009072092.JPG

ページトップへ

取得可能な資格・免許

栄養士だけでなく、様々な資格・免許が取得できる柔軟なカリキュラムを組んでいます。

栄養士免許

栄養士は食の専門家として、健康の保持増進、疾病の予防や治療のための栄養指導、傷病者の食事調整などにあたります。また、栄養士として3年間の実務経験の後、管理栄養士国家試験受験資格が得られます。 なお、本学では卒業生及び地域の栄養士を対象に毎年「管理栄養士国家試験対策講座」を開設して、管理栄養士を目指す人をバックアップしています。

栄養教諭二種免許

栄養教諭は学校教育の中で、「食育」の必要性として叫ばれている根本の問題に関して、「食の自己管理能力」や「望ましい食習慣」を身につけさせるよう指導し、学校における食育の推進を行います。

介護職員初任者研修 修了

障害や認知症のある高齢者に入浴、排泄、食事などの援助を行う仕事です。本専攻では、介護職員初任者研修を修了することによって、福祉の現場でより幅広い知識と技術、実践力を身につけた栄養士として活躍することができます。

フードスペシャリスト資格

食べ物や食生活について、流通・販売者と消費者に的確な情報を提供し、またレストランや食堂などで快適な飲食ができるよう食空間をコーディネートし、さらに「食」に関するクレームを処理できる専門職に与えられる資格です。

介護予防運動指導員資格

介護予防学全般を修め、高齢者に運動を中心としたプログラムを提供する介護予防運動のインストラクター資格です。介護保険の広がりとともに注目されています。

介護保険実務士資格

介護の仕事やその事務に関わる仕事に就くときに有効な資格です。訪問介護員資格を基礎にしますので、介護現場でも特に介護保険の計算など事務的な作業をする場合に生きてきます。

社会福祉主事任用資格

社会福祉主事は、福祉事務所等において、法律に定められた福祉行政の仕事を行います。

ページトップへ

卒業後の進路

 H28shokueishinro

食物栄養専攻の卒業後の進路について、最近の動向を見ると、4年制大学への編入、専門学校への進学者はわずかな人数であり、ほとんどの学生は就職しています。就職先は多岐にわたりますが、栄養士として専門職に就く場合が約3分の2を占めます。その他の就職先として、銀行やJA・一般企業・医院等の事務職または老人福祉施設の介護職などが挙げられます。 専門職では、学校・病院・企業等で栄養士業務に就く場合と食品製造業で研究開発や製造業務に就く場合があります。栄養士と調理員を兼ねて採用されることも多く、現場でのニーズが高まる中、それに答えた実践力が高く評価されています。 本専攻の卒業生の大部分は、栄養士免許だけでなく、第二の免許として、栄養教諭・介護職員初任者研修修了・フードスペシャリストや介護予防運動指導員・介護保険実務士等の資格を取っています。限られた2年間を充実して過ごし、複数の免許を取得できるのは本専攻ならではの特色です。卒業後の活躍の場が広がり、それぞれの職場でさらに専門性を高めることができます。 最近の学校栄養士の職務は拡大しつつあり、食育を担う栄養教諭が注目されています。各都道府県での栄養教諭の採用は年々増加しており、採用も期待されます。今後の活躍が期待されています。また、高齢社会を迎えた今日、高齢者福祉施設で働く人々の数も増加し、その求人数も増えています。本専攻の卒業生でそのような施設に就職を希望する場合には、在学中に高齢者ケアに関する手厚いカリキュラムをこなしているので、即戦力を持つ人材として大いに期待されています。加えて、食の安心・安全が求められる現在、外食産業等のサービス業や食品流通業等の食品産業でも、めまぐるしい変化に対応できる人材が求められています。フードスペシャリストは、このニーズに答えることを目的とした資格ですが、本資格を有する多くの卒業生が実際の食品産業界でも多く活躍しています。 本専攻は、現代社会の変化に対応できる食に関する専門家を養成することを目標としています。すでに多くの卒業生が長野県内のみならず県外でも、多方面で活躍しているので、卒業生間の交流も充実しています。本専攻で毎年開かれる管理栄養士養成講座を卒業後に受けて、管理栄養士の免許を取る人も多く、卒業後の社会人としての資質向上も図っています。

ページトップへ

管理栄養士国家試験対策講座について

毎年、9月~1月に管理栄養士国家試験対策講座を開催しています。歴史は18年を数える長野県内では唯一の国家試験対策講座です。 「食べ物と健康」「基礎栄養学」「給食経営管理概論」など1科目ずつ、主に週末(土・日のいずれか)に開講し、講座前後には模擬試験も行います。 卒業生ならびに一般の方も受講できる本講座では、これまでに多くの合格者がでています。また本専攻の教員は管理栄養士対策講座を10年以上行っているベテラン勢です。専攻の栄養士教育におきましてもそのノウハウは反映され、在学生は栄養士の取得のみならず、望めば管理栄養士までも見据えた質の高い教育を受ける事も出来ます。 管理栄養士

主な科目の担当教員

友竹 浩之
新海 シズ
千 裕美
柴本 むつ美
富口 由紀子
松下 慶子
岩瀬 彩香
片山 直幸
竹村 春香

 

食物栄養専攻ブログ

食物栄養専攻の講義、実習の様子や日々の出来事を随時お伝えしています。

ぜひ、ご覧ください。

50-shoku-blog-qr_code.jpg QRコード

ページトップへ