スマートフォン版
HOME >  大学概要 >  沿革

沿革

昭和42年1月 飯田女子短期大学設置認可される。
・家政科入学定員 100名
・保育科入学定員  50名
中学校教諭(家庭)、幼稚園教諭、保母の養成課程として認可される。
昭和42年4月 開学、学長に高松了秀就任。
昭和43年4月 家政科を家政専攻(入学定員50名)と食物栄養専攻(入学定員50名)に分離する。
食物栄養専攻は栄養士の養成課程として認可される。
昭和44年4月 家政専攻の入学定員を100名に変更し、中学校教諭(家庭・保健)、養護教諭の養成課程として認可される。
昭和47年4月 家政科を家政学科に、保育科を幼児教育学科に名称変更する。
昭和51年4月 幼児教育学科の入学定員を100名に変更する。
昭和59年4月 幼児教育学科に幼児教育コースと社会福祉コースを設定する。
平成 3年3月 学長に高松信英就任
平成 8年3月 看護学科を開設する。
平成 9年4月 家政学科家政専攻に、生活デザインコースと健康生活コースを設定する。
平成11年4月 地域看護学専攻(保健師養成)と助産学専攻(助産師養成)からなる、専攻科を設置する。
平成12年4月 家政専攻を、家政専攻(入学定員60名)と、生活福祉専攻(入学定員40名)に分離する。
生活福祉専攻は介護福祉士養成課程として認可される。
家庭専攻健康生活コースを保健養護コースに、幼児教育学科社会福祉コースを福祉心理コースに名称を変更する。
平成13年4月 専攻科 福祉専攻(介護福祉士養成)を設置する。
平成15年4月 専攻科 地域看護学専攻・助産学専攻が、大学評価・学位授与機構の認定専攻科となる。
平成17年4月 家政専攻生活デザインコースを生活造形コースに名称を変更する。
食物栄養専攻は、栄養教諭養成課程として認定される。
平成19年3月 (財)短期大学基準協会における第三者評価の結果、本学は「適格」と認定される。
平成20年4月 専攻科養護教育専攻入学定員10名を設置、学位授与機構認定
平成21年4月 専攻科養護教育専攻入学定員10名を設置、学位授与機構認定
家政学科家政専攻の入学定員を40名、幼児教育学科の入学定員を80名に変更
平成25年4月 幼児教育学科のコース制を廃止 学長に髙松彰充就任
平成26年3月 平成25年度(一財)短期大学基準協会による第三者評価の結果 適格と認定

学生寮の耐震工事が完了

平成26年4月 専攻科福祉専攻を廃止
平成27年3月 校舎の耐震工事が完了
平成28年4月 家政専攻のコース制を廃止