スマートフォン版

» 2013 » 12月のブログ記事

『人形浄瑠璃』
「傾成阿波の鳴門~巡礼歌の段~」
当日は今田人形座から太夫として川上秀子さん、三味線木下雪比古さんにお越しいただき、お二人が演じる中、演じ手の学生たちは一生懸命頑張りました!


『ブレーメンのおんがくたい』
練習の成果を発揮し、臨場感あふれる演出で演じていました! 役柄それぞれの個性を発揮して物語に華を添えていました。

『ボイスパーカッション』
自分たちの声と身体を使って、「風になりたい」を演奏・合唱しました。
楽器を使わずに音を出すのは大変だったけど、自分たちでいろいろな案を出し合ってラテンのリズムを作り上げました!

当日ご参加いただいた皆様、楽しんでいただけましたか?
2年生は短大生活も残すところあとわずかになりました。
エクスプレッションでの経験を糧に、保育者としてさらに研鑽を積んでいきたいと思います。

『女性二部合唱「花は咲く」』
幼児教育学科2年生の合唱です。
以前ご紹介した手作りの花はこういう感じで使っていたんですね! 視覚効果と相まって歌が染みわたってきます。 ハーモニーも美しかったです。

 

『器楽アンサンブル』
「ラプソディーインブルー」 ガーシュウィン作曲の軽快で自由な雰囲気の曲に、木琴、鉄琴、打楽器、電子ピアノなどの音色が合わさって、とっても心地よい演奏でした。
「アンダー・ザ・シー」 リトルマーメイドの名曲を演奏しました。南国をほうふつさせる曲調を器楽で表現しました。 ピアニカ、縦笛、トライアングルなど、様々な楽器が海での楽しさを表現していました。


『創作ダンス』
「虹」  「世界に一つだけの花」  「四季」
踊るたびに完成度を増してきた創作ダンスのチーム。表現力を最大限に発揮して踊りきりました!

 

 

いよいよエクスプレッション当日!
午前中のゲネプロ(本番の進行通りに行うリハーサル)を経て、いよいよ開始です!!
準備にも余念がありません。
【駐車場・会場係】


【ステージ裏(機材)】

【頼れる専攻科の先輩方☆(司会)】


【受付の様子】 「お客さんが来場し始めました」

 

会場にお客さんが入り始めて、いよいよ本番が近付いてきたという感じです!

学生代表のあいさつ


二重唱「ラルゴ」

心地よい緊張感の中、観客の前で心をこめて歌い上げました。

 

いよいよ間近にせまったエクスプレッション。
リハーサルを行い、それぞれの完成度を確認いたしました。
①女性二部合唱
ハーモニーが生まれています

②器楽アンサンブル
さまざまな楽器が合わさって、心地よい音色になっていますね!

③創作ダンス
音響や照明の効果とあいまって幻想的に仕上がってます!

 ④人形浄瑠璃 ・人形劇
人形がまるで本当の人間のような動きをしていて、情感を見事に表現しています!

打ち合わせにも余念がありません。

⑤ヴォイスパーカッション  人間の表現力の幅広さにびっくりです!

☆演じる側と同じくらい舞台裏スタッフも真剣に頑張っています!!
当日ぜひ本学講堂にお越しになり、熱演をお楽しみください!!

いよいよ直前に迫ったエクスプレッション!
各先生から意気込みとコメントを頂きました。

①黒岩学科長 :「それぞれ創作、表現、音楽Ⅱ、人形劇の成果をそれぞれ発揮して頑張ってください。裏方で支えてくれた1年生にもお礼を言いたいです」

②宮下先生(音楽担当):「1年生と2年生がまとまった時にすごくいい作品が出来上がったと思う。悔いが残らないように全力投球してください」

③及川先生(機材担当) :「機材係の1年生が全力で支えます!やる気みなぎってます!」

④林先生(創作ダンス担当) : 「幼児教育学科全体でいいエクスプレッションにしましょう!」

 

④齊藤先生(広報・案内担当) :「エクスプレッションいつやるか!」「明後日でしょ!」

「1年生の準備が素晴らしい。2年生のみなさん、舞台はととのいました。」

 

本番まであと少し! 頑張りましょう!
ブログをご覧になった皆さんもぜひエクスプレッションを観にいらしてくださいね!

合奏をしていました! 子どもたちに喜んでもらえるような演奏になりそうです!

11月のダンス発表会から3作品が発表されます。

チーム名「D75」
動きが大きくてダイナミックです。
新たな動きを考えるのに皆の意見が飛び交っています!

 

チーム名「Savarly’s」

独特の世界観です!
指先までしなやかな踊りです

チーム名「Cha☆masky」
雨の場面、奮闘中!!
いい作品になるといいですね・・・。

 

  • サイトマップ
  • PC版