スマートフォン版

» 2015 » 9月のブログ記事

9月13日に4回目のオープンキャンパスが開催されました.

今回もたくさんの高校生が参加してくれました.

 

まずは学科説明…幼児教育をとりまく状況と,本学でどんなことが学べるのかをお話ししました.

 

 

 

 

 

 

 

 

そして模擬授業その1,子どもとの関わりについて,発達心理の先生の簡単なゲームをしながら体験授業です.

 

 

 

 

 

 

 

記憶のゲーム,どのくらい覚えられたかな?

ゲームを通して,子どもの発達の違い,関わりについて考えます.

 

 

 

 

 

 

 

 

模擬授業その2は音楽.まず先輩たちによる手遊びコーナーがありました.

いわしの開きが潮吹いてパッ!

 

 

 

 

 

 

 

そしてピアノのコツをちょこっと学びました.

先輩たちと,きらきら星セッション!

弾けたかな?

 

 

 

 

 

 

 

今回も楽しんでもらえたでしょうか.

高校生のみなさんの笑顔が見られて,私達教員も嬉しくなりました.

 

 

 

 

 

 

 

本年度のオープンキャンパスはこれですべて終了しました.

沢山の高校生のみなさんに来ていただきました,ありがとうございました.

来年の春お会いできるのを楽しみにしています!

9月はあちこちで防災訓練が行われていますね。 幼稚園や保育園、認定こども園や社会福祉施設などでも、災害に備え避難訓練などをやっている時期かと思います。 先日、本学に地震体験車がやってきました。 今まで起きた地震のパターンを再現できるということで、かつて世界で起きた大規模な地震の揺れを、学生や教員が身をもって体験する機会を得ることができました。 体験してみて気づいたことは、「まずは自分の身を守らないと他者を助けることもできない」ということです。揺れの最中では、誰かを助けるということは難しく、子どもを含め、「各自がまず身の守り方を実践せざるを得ない」ということでした。 地震に限らず、台風や竜巻、ゲリラ豪雨などは、いつでもどこにいても遭遇する可能性があります。とっさのときに頭が真っ白にならないようにしたいものです。子どもたちのことを考えて行動できるよう、日頃からこころの準備をしておきたいですね。

8月20日(木)~9月2日(水)まで慈光幼稚園で2年生の実習をさせていただきました。

実習最終日には慈光幼稚園の先生方と実習生、短大の教員が集まり、実習の反省会が行われました。

 

反省会の題材として、実習生が楽しかったことや困ったことについて付箋に書き、同じ内容のものをまとめて、どんな体験をしたのか明確にしていました。

 

この内容をもとに、具体的にどんな体験をしたのか、何を学んだのか、どういったことが難しかったかなどの意見を出し合いました。

実習で得た体験をシェアリングして、深めていくんですね。

 

活発に意見が出ていて、さすが2年生だなと感心しきりでした。

 

最後に園長先生からお言葉をいただきました。

保育要領をしっかり読むことや子どもの命をどうやって守るのか考えていくこと、学校以外の経験もたくさん積んでほしいというお話しでした。

また、『いい先生になれるよう頑張ってください』と心温かい励ましもいただきました。

 

実習生には幼稚園での経験を将来に活かしてもらいたいですね。

お世話になった慈光幼稚園の先生方や子どもたち、本当にありがとうございました。

 

  • サイトマップ
  • PC版