スマートフォン版

» 2018 » 5月のブログ記事

前日の夜、雨が降りましたが、朝になると美しい五月晴れ。9時からの開学記念式典に続き、クラスマッチが行われました。

開会式。進行する委員も幼児教育学科の学生です。

開会式のアトラクションは「よさこい乱舞咲」

ひさしぶりのドッジボール。内野・外野の交代はなく、内野の人にボールを当てると1点になります。感覚を思い出しながら、ねらって投げます。

勝利のハイタッチ!

体育館ではバドミントンの試合です。気合が入ります。

子どもの頃を思い出す「しっぽとり」ですが、白熱の試合になりました。1年生の試合ですが、何人かで取り囲む作戦で、勝利しました。

こちらは2年生。円陣を組んで気合を入れます。教員チームとも対戦しました。日頃お世話になっている先生ですが、対戦となれば本気です。はさみうちの作戦で、先生のしっぽを狙います。

響流館では、百人一首の試合も行われていました。覚えている歌をみんなで復習しながら、対戦に臨んでいました。

前日の雨で、開催が心配されましたが、五月晴れの下、競技が行われ、けがもなく、みんな笑顔で競技を終えることができました。

 

 

 

 

 

先日、本学で釈尊降誕会が執り行われました。

釈尊降誕会とは、お釈迦様が誕生した日をお祝いする行事です。

約2500年くらい前、お釈迦様が誕生した際、「天上天下唯我独尊」

と言われたのは有名なエピソードですが、その時甘い蜜の雨が降った

とされています。

ですので、この誕生をお祝いする行事に参加した際、

お釈迦様の像に甘茶をかけるのが

習わしとなっています。

その甘茶をかけてお釈迦様の誕生をお祝いする「花御堂」を

生花で飾るというクリエイティブな作業を毎年幼児教育学科の2年生

が担っています。

会場となる講堂にはそれぞれ持ち寄ったり、花屋さんから届いた

お花の香りであふれていました。

 

とても素敵な花御堂が完成し、他の学科の学生も

これだけの花をあしらった花御堂に驚いた様子で

写真を撮ったりしていました。

会では、食物栄養学科の教員・学生が用紙してくれた

甘茶をいただきつつ、

改めて生まれた日のことに思いを馳せながら

過ごすひとときとなりました。

  • サイトマップ
  • PC版