スマートフォン版

7月1日(金)に、2年生は、Music Clownましゅ&Keiさんをお招きし、インプロビゼーションのレッスンを受けました。これは、12月に幼教2年生がそれまでの学びの集大成として行うエクスプレッションに向けての準備でもあります。インプロビゼーションとは、即興表現と訳されます。この日は、その場で出されたお題に対して「体を使って表現していくこと」主に行いました。

 

ましゅ&Keiさんのクラウンとして活動されるときの顔写真を見せていただきました。

メイクは必ず決まったものがあるのだそうです。

 

 

 

 

最初は、サイレントトリップ。目をつぶった相手を、言葉でなく、指や手を使ってのサインで、安全に旅に連れていきます。信頼のための授業と言われているそうです。

 

相手との信頼関係が大切ですね。

 

 

 

 

 

 

いよいよインプロビゼーション。

まず、グループの人とのアイコンタクト→誰かがオファー(提案)する→必ずそれをアクセプト(受け入れる)→エクスペント(展開する)という原則を教えていただきました。

制限時間内に表現を決めていきます。

二人組、三人組、十数名、全員と人数が増えていきます。

 

 急須と湯呑み

 

 

 

 

 

 

 

 宇宙船

船になる人、周りで星になる人、誰かがオファーしたら

それに合わせて、自分の表現を決めていきます。

 

 

 

 

 

終始、笑顔で、笑い声も絶えない楽しいレッスンでした。

最後に質問を受けていただきました。

「お二人の得意なことは?」という質問に、ミュージックベルを使ったパフォーマンスを見せてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

圧巻の演奏に、惜しみない拍手を送りました。そして終了後は「楽しかった~!」と充実感100%の笑顔でした。

エクスプレッションにこの学びが活かされるよう、頑張っていきたいと思います。

 

 

  • サイトマップ
  • PC版