スマートフォン版

幼児教育学科2年生はミュージカル「魔女の宅急便」を発表します。

本番前の最終確認と、発声練習です。

どうか、最高の歌声を披露できますように。

 

 

 

 

 

 

 

クラス全員の気持ちが一つになるように円陣を組みました。

それではみなさん頑張って、行ってらっしゃい!

♪ルージュの伝言

背景の建物は学生による手作り。

照明の当て方も自分たちで工夫しています。

もちろんピアノは生演奏です。

 

 

 

 

 

 

 

主人公のキキと、猫のジジ。

今日は誕生日プレゼントの配達を依頼されたようです。

 

 

 

 

 

 

 

キキが空を飛んで配達に行きました。

(キキの動きとスポットライトが合うように、実は何度も練習していたようです。)

 

 

 

 

 

 

 

♪やさしさに包まれたなら

みんな、最高の歌声と最高の笑顔でした。

 

さて、今日の発表は、どれだけの人の心を動かしたでしょうか?

「素晴らしかった」と思ってくれる人がいるかもしれませんし、

そう思わない人もいるかもしれません。

 

でも、少なくとも私たち教員は今日の発表にとても感動しています。

なぜなら、優れた特技のある一部の人だけではなく、

”みんな”で一つの舞台をつくり上げたからです。

 

中心となって計画してくれた人、

役を演じてくれた人、

得意なことを生かして作品の世界観をつくり上げてくれた人、

裏方にまわり、演じる人を支えてくれた人・・・。

色々な人がいました。

何よりも、リーダーを信頼して協力する多くの人がいました。

2年生がまた一回り成長したように思っています。

 

今日の発表と、今日を迎えるまでの努力と成長に

私たちは一等賞を与えたいです。

 

  • サイトマップ
  • PC版