スマートフォン版

11月14日 松永ゼミでは、わいわいひろばにてパネルシアターを発表しました。

この日は1年生だけでそれまで練習してきた「はたらくくるま」と「さかながはねて」の2つのパネルシアターを子どもたちの前で演じました。

「はたらくくるま」ちょっと緊張ぎみですが、自分たちで考えたミニストーリーを演じていきます。

ケガをしたくまさんを助けるのは?

ずらっと並んだ車のパネルを見ながら、歌に合わせてみんなでドライブしましょう。

「左に曲がります」

お母さんのお膝でみんな左にカーブしました。

手遊び「いわしのひらき」笑顔満開です。

「さかながはねて」おじさんの顔がどんどん変わっていきます。

初めての学生もわいわいまつりに続いて2回目の学生も「練習したから落ち着いてできた」と準備の大切さを実感したようでした。

子どもたちやお母さんが一緒に楽しんでいる姿を見ることができたのは価値ある体験でした。

 

 

 

 

 

  • サイトマップ
  • PC版