スマートフォン版

寒い日が続いています。

 

松永ゼミの1年生は、ゼミの活動のまとめとして、わいわいひろばで「絵本から広がる遊び」の保育実践を行いました。

絵本『ゆきみちさんぽ』(えがしらみちこ作 講談社)を読み聞かせします。

静かな雪の日に耳を澄ますといろんな音が聞こえてきます。絵本にはそんな音が次々登場します。

静かな絵本の雰囲気に合う読み聞かせでした。

 

読み聞かせの後、絵本の中の女の子が作っていた雪だるまを「みんなで作ってみよう」と投げかけました。

きれいな色のクッション材を雪だるまに貼り付けて、おしゃれな雪だるまができあがり!

わいわいひろばの先生から「子どもたちが大事そうに持っていましたよ」と後て伺いました。

読み聞かせも雪だるま作りも楽しんでもらえてよかったです。学生も笑顔でサポートできました。

「導入のお話が難しかった」「準備し忘れたものがあった」などの反省点や、「素材や大きさを工夫してよかった」などの成果なども出て、保育実習前の良い経験となりました。参加して下さったお子さん、保護者の方々、ありがとうございました。

 

 

  • サイトマップ
  • PC版