スマートフォン版

昨日、本学で『釈尊降誕会』が執り行われました。

『釈尊降誕会』とは、いわゆるお釈迦様の誕生を祝う行事です。

お釈迦様が生まれた時に甘い雨(甘露の雨)が降ったという話にちなんで、

花御堂のお釈迦様像に甘茶をひしゃくでかけます(灌仏:かんぶつといいます)。

 

会場となる講堂では、幼児教育学科2年生によって朝から準備が進められます。

まずはしっかり掃除をします。

皆が持ち寄ったりして、集められた花々。

  

花御堂(はなみどう)の屋根部分に生花を飾っていきます。色彩感覚とセンスを頼りに進めます!

  

   

前方に飾る生け花も準備。皆真剣!花を生けるのに皆真剣になっております。

全体の進行などの裏方部分の準備も着々と進んでおります。

いろいろな役割の人に支えられて行事は執り行われます。

   

完成しました!色鮮やかな花御堂と生け花の完成です!!

  

年に一度の行事ですが、「誕生会」ということで、

一人ひとりの誕生と「生きる」という思いをはせながらの一日となりました。

  • サイトマップ
  • PC版