スマートフォン版

令和2年1月16日、幼児教育学科では、保育・幼児教育に関わるテーマについて、

卒業研究発表会が開催されました。

各ゼミナールの指導教員の専門分野をもとに、主に2年生が各自で興味があるテーマを決め、

研究方法や調査方法を学びながら、研究してきたものをまとめ、発表しました。

今年度のテーマは下記の通りです。

「保育で活用できる素材と教材について」

「子どもの木のおもちゃ開発について」

「子どもを見る視点〜保育者は個と集団をどう見ているか〜」

「子どもの成長と保育者の働きかけ」

「絵本を選ぶときの保育者の視点について」

「絵本で伝えるメッセージ〜絵本が作られる現場から〜」

「子どもの身体表現について」

「子どものうたの伴奏アナライズについて」

「幼児期の自然体験〜家庭での意識と実施状況〜」

さらに二つのゼミで、活動内容の発表がありました。

いずれも、普段の学びをさらに専門的に発展させ深く学ぶことができました。

最後に学科長より、講評をいただきました。

今後、保育現場での実習や実践で大いに活かせる内容ばかりで、

教員、学生とも大変勉強になりました。

いずれも専門性が高く、日頃の皆さんの学習意識の高さを感じさせる機会となりました。

発表者の皆さん、司会進行のスタッフの皆さん、フロアの皆さん、ありがとうございました!

 

  • サイトマップ
  • PC版