スマートフォン版

食2 栄養科学実験Ⅰ 肝グリコーゲンの抽出

前回に引き続き糖質についての実験です。
今回は肝臓からグリコーゲンを抽出し、肝臓に含まれるグリコーゲンの量を調べました。


遠心分離を行うため、バランスをとっています。


肝臓(レバー)から真っ白なグリコーゲンが抽出できました!

食1 調理学実験

   

 ☆★☆ 実験内容 ☆★☆

  小麦粉- 1)小麦粉の種類とグルテン  

 小麦粉の種類やこね操作によってグルテン量が異なることを理解しました☆ 
 しっかり50回こねてます♪  グルテンを採取しています!!  
 2)小麦粉に加える水の配合と混ぜ方 
混ぜ方による変化    流動性のあるものはスプーンテスト 
 できあがり(^^)  次回はキャベツの切り方テストです  
 

食2 食品鑑別演習-官能評価-

 ☆★☆ 実習内容 ☆★☆

官能評価とは、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五感の能力を利用して行う検査のことです。

【2点比較法】 

1)2点識別試験法

塩分濃度の違うすまし汁2種(0.7%と0.75%)についてパネルの識別能力を見ました

2)2点嗜好試験法 

りんごジュース2種(濃縮還元とストレート法)の嗜好調査を行いました。

 【3点比較法】

食パン2種類について、3点比較法を用いて識別および嗜好調査を行いました。

 
   

 やったね!!正解◎ 次回は統計処理をします(^^)

  
  

食2 調理実習Ⅱ 旬の食材を調理しました

今日は、旬の食材である鰹とたけのこを使って実習を行いました。

たけのこは、部位により硬さが異なり、それぞれの特徴に応じ使い分けることができます。
本日の実習では、軟らかい穂先は若竹汁、中央部は御飯と和え物に用いました。

< 本日の実習内容 と 学生の感想 >
●たけのこ御飯:「具はたけのこのみでとてもシンプルでしたが、たけのこの食感を楽しむことができてよかった。」
●若竹汁:「かつおと昆布の混合だしで旨味が増して、たけのこの美味しさをより感じられた。」
●イカと筍の木の芽和え:「ほうれん草の緑が鮮やかで、たけのこの食感がよく、食べていて楽しい一品だった。」
●カツオの土佐作り:「大根おろし、にんにく、細ねぎ、生姜の薬味の香りが更にかつおを引き立ててくれた。」

  





食1 調理学実験

 ☆★☆ 実験内容 ☆★☆

①野菜-放水- ②野菜-酵素的褐変現象- ③アントシアンの色調変化

 1%塩分、2%塩分、3%塩分の放水量を計量中 5.15.30分ごとにメスシリンダーの液量を読み取ります
アントシアンの色調変化(順位法により官能評価) ⇒ A:水、B:食酢、C:食塩、D:重曹、E:みょうばん 

  
  

食2 栄養科学実験Ⅰ 糖質の定性実験

今回は糖質の定性実験をおこないました。
6種類の異なる糖質の溶液を、様々な試薬を使って明らかにします。


慎重に試薬を加えます。


糖質と試薬がきれいに反応して実験成功!
 

 

 

食2 臨床栄養学実習Ⅰ 貧血食を作りました

臨床栄養学実習Ⅰでは、疾患別の治療食について理解を深めます。
第2回目の今日は、貧血について学びました。

       
   【クレープを焼いています】      【鉄を多く含むほうれん草のソースをかけていただきました】

     
 【鉄を多く含むレバーは、茹でこぼした後、しっかりと焼きました】

< 本日の献立 >
  ● ごはん    ● しじみの味噌汁    ● レバーの香り焼き
  ● ひじきと大豆の煮物     ● クレープ(ほうれん草ソース)

     

本日の貧血食は、鉄を多く含む食品はもちろん、鉄の吸収を促す食品を組み合わせることにより、
効率よく鉄が吸収できるようになっています。



食2 調理実習Ⅱ(西洋料理)

第2回の実習では、ソースについて学びます。

ソースといっても、様々な種類のものがありますが、
本日は、温かいベシャメルソースと冷たいマヨネーズソースを作りました。

  

< 本日の実習内容 と 学生の感想 >
◆卵を白ソースで和えたもの:「なめらかな舌ざわりで、とても上品な味だった。」
◆にんじんスープ:「にんじん、玉ねぎ、生クリームの甘さがして、
           クラッカーがアクセントになり、とてもおいしかった。」
◆フルーツサラダ:「マヨネーズに生クリームを入れたことでフルーツに合う味となっていた。
           見た目もきれいでおいしかった。」

  





信州日報において「やさしい栄養学(46)」が掲載されました

信州日報において友竹先生・川俣先生が定期連載している「やさしい栄養学」の第46回目が掲載されました。
 
今回は友竹先生がお肉の調理特性についてわかりやすく解説しています。
 

※写真をクリックすると読めます(PC推奨)
 
 
 

「麻績の里桜祭り」にて野点をおこないました!

毎年「麻績の里桜祭り」では、茶道部が野点をおこなっています。
なぜか茶道部には食物栄養専攻の学生が多く所属しています。(お菓子目当て…?)
15日(日)は前日の雨も止み、、暖かい日差しの中でおこなうことができました。
お点前を披露する茶道部員たちは1年間の練習の成果は発揮できたでしょうか?
 
みなさんお疲れ様でした。

 

 

 

  • サイトマップ