スマートフォン版

H26.ラーメンのゼミ①
「醤油ラーメンの調理実習」

ラーメンのゼミでは、化学調味料0の自家製ラーメンについて学んでいます。今年は10名の学生が履修しています。

今年から加工室には最新の自動製麺機(リッチメンⅠ型、大和製作所)も備わり、麺・スープ・具の全ての自家製が可能となりました。

今回の自家製麺には(特)飛龍という小麦粉を使用しました。
総調理時間は1時間30分ほど、これで材料費は一杯200円です。自分で作ると安いというのは、料理でもラーメンでも一緒ということですね (^^)


写真左は初めてのゼミ生が作るいつもの醤油ラーメン。
一方、2年連続で履修しているゼミ生は特別テーマ「ご当地ラーメン」に取り組みます。まずは喜多方ラーメンを作ってもらいました。味の決め手は煮干しと豚骨、もちろん化学調味料0です(写真右)。



食2 栄養科学実験Ⅰ コレステロール、脂肪酸の分析

3週に渡ってコレステロールと脂肪酸の実験をおこないました。

 
慣れない器具、危ない薬品を使いましたが、ひとつひとつ確認しながら進めていきました。


エバポレーターでコレステロールまたは脂肪酸を残しました。

 
ガスクロマトグラフィーで分析しました。
それぞれ機器にセットしたらあとは機械におまかせだったので、談話しながらの待ち時間でした。

最後に実験結果を計算し、考察しました。
脂質、コレステロールと聞くと良いイメージがあまりないかもしれませんが、身体に必要な栄養素のひとつです。
今回の実験結果を踏まえて、栄養士の視点から考察してみてくださいね。



食2 調理実習Ⅱ サンドイッチ

本日は、サンドイッチ、新野菜のシチュー、デザートにカスタードプディングを作りました。
サンドイッチには、レモン、練りうに、練り辛子とそれぞれ練り合わせて作ったバターを用いました。
具材をサンドする前にパンにバターをぬることで、水分を通しにくくし、また、風味もよくなります。

< 本日の実習内容と学生の感想 >
●サンドイッチ:「彩りがよくいろんな味を楽しめた。バターは合わせるものによって様々な楽しみがあると感じた。」
●ホットサンド:「トマト、チーズ、いわしの相性がとてもよい。みみまでカリッとしていて美味しかった。」
●新野菜のシチュー:「新ものの野菜が美味しく食べられる一品だった。じゃが芋、玉ねぎ、人参そのものの味が味わえた。」
●カスタードプディング:「カラメルのほろ苦さとプリンの甘味がマッチしていてとても美味しかった。」

食2 臨床栄養学実習Ⅰ 肝臓病の食事

臨床栄養学実習Ⅰでは、疾患別の治療食について理解を深めていきます。
本日の実習では、肝臓病食について学び、調理、試食を行いました。

< 本日の献立(肝臓病食) >
  ● ごはん     ● 肉団子の甘酢あんかけ     ● 野菜の煮物
  ● 茶碗蒸し         ● ミルクゼリー ブルーベリーソース

第48回 開学記念行事 クラスマッチ

本学も、開学して48年目となりました。
これまで、開学記念日には様々な行事が行われてきたそうですが、
最近は、クラスマッチを通して、クラスの団結を強めています。

クラスマッチの開会式の最後には、よさこい部が盛り上げてくれました。

食物栄養の1年生も2年生も、クラス一丸となって楽しくプレーしていました。

本学のグラウンドは全面芝生で、広々としている、とっても気持ちのいいところです。

そんなグラウンドを贅沢に使い、汗を流した一日となりました。

クラス委員も、準備・後片付けを行った開学記念委員のみなさんも、本当にお疲れ様でした。

 

食1 調理学実験

実験内容
1 鷄卵の鮮度
2 卵液の熱凝固性ー茶碗蒸し、プディングー
3 全卵の熱凝固性ーゆで卵ー


食塩水での浮き沈み、卵黄係数、濃厚卵白率、  手作りマヨネーズ+実験で使用したゆで卵=サンドイッチ♪
pHの測定を行い、鮮度評価を行いました。


ゆで時間の差によるゆで卵の性状の違い ↑   
水と牛乳を用いた場合の硬さの違いや、食塩や砂糖を加えた時の硬さの違いを理解しました。 ↑
  
  

食2 調理実習Ⅱ 西洋料理

前回の調理実習Ⅱでは、コーンスターチを使ってバニラブラマンジェを作りました。
今回は、ゼラチンを用いババロアを作りました。

この他に寒天など、凝固剤を用いて作る料理は様々ありますが、
それぞれの特徴をしっかり学び、献立作成にも役立ててもらえればと思います。

< 本日の実習内容 と 学生の感想 >
●サケのムニエル:「レモンとの相性がとても良く、ふっくらしていて美味しかった。」
●粉ふきいも:「じゃが芋がホクホクしていて、塩味も丁度よかった。」
●野菜サラダ:「野菜にビネグレットソースがよくからんでいた。
      レタスを水につけたことでパリパリ、トマトは皮をむいたことでつるんと食べることができた。」
●ババロア:「ふわっとしていて、口あたりがなめらかでとても美味しかった。」

食1 調理学実験

<実習内容>
・米の浸水時間と吸水量  ・うるち米の炊飯  ・もち米の蒸し方

炊飯の基本操作について学びました。また、どれくらいの時間浸漬させるとよいのか検討しました。

塩分量の比較

①食塩を均一に飯に混ぜた場合②食塩を振りかけた場合・・・どちらが塩味が強いか比較しました。
  
  

食2 食品鑑別演習

授業のねらい

◎官能検査の基本を確認する ◎選択法、順位法の手法を理解する ◎イチゴジャムの品質を知る

「選択法」 プレーンヨーグルト3種類        「順位法」 イチゴジャム3種類

イチゴジャムは、水分活性と糖度を測定しました。官能検査の結果を各班で集計し、次週統計処理を行います。
  
  

釈尊降誕会(花祭り)が行われました

学校の宗教行事として、釈尊降誕会(花まつり)が行われました。
釈尊降誕会とは、お釈迦様の誕生をお祝いするもので、本学では、毎年この時期に行われています。

綺麗に飾られた花御堂

各クラスの代表者が灌仏を行いました。

また、毎年、食物栄養専攻の2年生が、この日のために<甘茶>を作り、全学生、教職員に振る舞います。
今年度は、甘茶とともに、<やしょうま>【前記事参照】も振る舞われました。

準備から片付けまで、2年生のみなさん、お疲れ様でした!

  • サイトマップ