スマートフォン版

スポーツ栄養研究会 H27活動トピックス①

飯田女子短期大学には、「スポーツ栄養研究会」という部活動があります。
主に食物栄養専攻の学生が、スポーツと栄養に関する様々な活動を行っています。

本日は、飯田市で行われた自転車レース「南信州・天竜峡 第2回エンデューロ大会」にボランティアスタッフとして参加してきました。コースが周回コースとなっており、部員たちは、ゴールラインを集計するフィニッシュ管理業務をお手伝いさせていただきました。

自転車レース観戦が初めて、という部員もおり、とてもいい勉強&経験ができました。
最後のじゃんけん大会では、なんと、賞品をget! 暑い中、お疲れ様でした!!

旬の食材をいただきました ~調理実習Ⅱ~

最近は、飯田でも夏日を記録するなど、春を通り越して夏のような天気が続いていますが、
本日の調理実習Ⅱでは、まだまだ“春”を存分に楽しめる実習を行いました。

春を代表する食材【たけのこ】。料理に合った部位をそれぞれ調理し用いました。

かつおは、コンロの火であぶりました。強火の遠火!

    < 本日の実習内容 と 学生の感想 >
    ●たけのこ御飯●
    「薄味で筍の風味をよく感じられた。木の芽の香りが良く、上品な一品だった。」
    ●若竹汁●
    「お椀のフタを開けた時、木の芽の香りとだしの香りがしてとても良かった。」
    ●イカと筍の木の芽和え●
    「木の芽とほうれん草の緑が、料理の色彩を豊かにしていた。」
    ●カツオの土佐作り●
    「レモンのおかげでさっぱり食べることができた。炙ったことで香ばしさが加わって旨味が増した。」

まずは若竹汁からいただきます。木の芽の香りとおだしの香りを楽しみました。

食2 食品鑑別演習

今日の演習では市販のジャム3種、ヨーグルト3種の官能検査を行いました。

さらに、ジャムの糖度や水分活性の測定も行いました。

メーカーによって原材料や製造方法が異なるため、外観、香り、甘味、酸味、食感などに差があるようです。

みなさんはどれが好きだったでしょうか?
官能検査の結果は次の授業で統計処理し解析します。

食2 臨床栄養学実習Ⅰ 高血圧食を作りました

臨床栄養学実習Ⅰでは、疾患別の治療食について理解を深めていきます。
本日は、高血圧食について学びました。高血圧は、国内でも患者数の多い疾患の一つです。

高血圧食=減塩というイメージをもたれる方も多いと思いますが、様々な工夫をすることで、食塩の摂りすぎを防ぐことができるんです。

その工夫の一つに、【香りを生かす】があります。
本日は、大葉やかつおぶしなど用いて、豆腐のおかか焼きを完成させました。

< 本日の献立 >
● ごはん  ●ポトフ  ●豆腐のおかか焼き  ●青菜のゴマ和え  ●牛乳の寒天寄せ

 しっかり学んで、楽しく調理できました!!

西洋料理 ~ソースについて学びました~

今日の実習では、西洋料理には欠かせないソース(Sauce)について学びました。
実践では、ホワイトソース、マヨネーズソースを時間をかけて作りました。

< 本日の実習内容 と 学生の感想 >
◆卵を白ソースで和えたもの:
  「ダマにならないよう注意した。おかげで焦げずに舌触りの良いソースができた。」
◆にんじんスープ:
  「濃厚で美味しかった。にんじんの甘味が出ていた。」
◆フルーツサラダ:
  「マヨネーズと生クリームを混ぜることで酸味がぬけまろやかになった。果物を美味しくいただけた。」

食2 臨床栄養学実習Ⅰ 貧血食を作りました

食物の2年生が履修する臨床栄養学実習Ⅰでは、疾患別の治療食について理解を深めます。
第2回目は、『貧血』について学び、実習を行いました。

貧血食は特別食加算の対象となります。実習では、鉄分を多く含む食品を多く用い、1食に仕上げました。

鉄分を多く含む【卵】を使って、1枚1枚クレープを焼きました。
また、ひじきを使った煮物には、鉄の吸収を促す豚肉が入っています。

< 本日の献立 >
  ● ごはん    ● しじみの味噌汁    ● レバーの香り焼き
  ● ひじきと大豆の煮物     ● クレープ(ほうれん草ソース)

西洋料理について学ぶ ~調理実習Ⅱ~

食物栄養の2年生になると、1年生の時よりも実習が増えます。
前期には、西洋料理について学ぶ「調理実習Ⅱ」があります。
1年の後期に「中国料理」を学び、2年の前期に「西洋料理」、そして後期に「日本料理」を学んでいきます。

本学では、たくさんの調理実習を通して、栄養士に必要な調理に関する知識と技術を学ぶことができます。

西洋料理、初回の実習では、食事形態や食事作法など、西洋料理の基本的なことについて学びました。
その後、簡単な朝食メニューを作りました。

< 本日の実習内容 と 学生の感想 >
〇ホットケーキ:「塩を入れたことで甘さが引き立っていた。」
〇ハムエッグ:「ハムの塩味だけで丁度よかった。水を入れて蒸し焼きにすることでふわっとした仕上がりになった。」
〇グレープフルーツカップ:「グラニュー糖とリキュールをかけるといつもよりおしゃれな味がした。」
〇紅茶:「普段は何も考えず紅茶を淹れていたけど、今回は紅茶の香りも味もしっかりと味わうことができた。」

 ハムエッグはそれぞれ好みの味、かたちに仕上げました。

 ホットケーキ、うまく焼けているかな?

 フォークとナイフを使っていただきました。

前期の授業が始まりました

入学式、オリエンテーション等、年度はじめの行事も終わり、本日より、前期の授業がスタートしました。

食物栄養専攻のブログでは、日々の授業の様子をこのブログで随時紹介していきます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

授業開始の本日、食物栄養専攻の2年生では、「臨床栄養学実習Ⅰ」という実習が始まりました。
この授業では、疾患別の治療食について学んでいきます。
1年生で学んだ基礎をもとに、2年生では、学ぶ内容がどんどん専門的になってきます。

初回は、臨床現場における栄養士の役割などについて学んだ後、粥作りと様々な特殊食品の試食を行いました。
特殊食品と一言で言っても、現在、多くの種類の食品が開発され、市場に出ています。

栄養士を目指している学生に、特殊食品はどのようにうつったのでしょうか・・・。

第49回 入学式が執り行われました

ご入学おめでとうございます。

本学のある飯田市でも、新しい学生の入学を祝うように、桜が満開となりました。
そんな満開の桜に見守られながら、今年度、44名の学生が食物栄養専攻に入学致しました。

これからは、この入学の時に抱いた気持ちを忘れずに、
同じ志をもった仲間とともに、多くのことに挑戦していってほしいと願っています。

  • サイトマップ