スマートフォン版

食1 キャリアデザイン 栄養士の先輩の話を聞きました

本日の「キャリアデザイン」では、卒業後の就職について、先輩栄養士の話を聞く時間が設けられました。

まだまだ想像もできない話かもしれませんが、少しでも今後の学生のキャリアにつながってくれると嬉しいです。

そうはいってもまだ入学して2か月の1年生。
本日は、いつものメンバーではなく、シャッフルして決めた班ごとに、みんなで力を合わせてロールケーキを作りました。

就職活動中、また、就職してからも、非常に重要な能力の一つにコミュニケーション能力があげられます。
いろいろな方と関わりながら、コミュニケーション能力を高めていってほしいと願っています。

臨床栄養学実習Ⅰ 肝臓病食

臨床栄養学実習Ⅰでは、疾患別の治療食について理解を深めていきます。
本日の実習では、肝臓病食について学び、調理、試食を行いました。

1年次にも、数多くの調理実習をおこなってきた2年生。
だんだん手際もよくなって・・・?きました。

本学の食物栄養専攻の特徴の一つに、「2年間で行う調理実習の多さ」があげられます。
数多くの実習を経験することで、多くの料理にふれる機会にもなり、それが栄養士の知識・技術の向上につながっていきます。

< 本日の献立(肝臓病食) >
● ごはん     ● 肉団子の甘酢あんかけ     ● 野菜の煮物
● 茶碗蒸し         ● ミルクゼリー ブルーベリーソース

食2 調理実習Ⅱ 西洋料理

< 本日の実習内容 と 学生の感想 >

●サケのムニエル●
「塩をそんなに使わなくてもレモンや小麦粉の香ばしさで美味しく食べることができた。」

●粉ふきいも●
「ホクホクとした食感がよかった。粉ふき芋にすることで、芋がコロコロとして、見た目が良かった。」

●野菜サラダ●
「全体的にシャキシャキしていて食感を楽しめた。彩りもキレイで見た目にも楽しめた。」

●ババロア●
「口当たりがよく、甘かった。アプリコットソースの酸味がババロアと合っていた。」

【ゼミナール】ギウ作り

先週からゼミナールがスタートしました。
その模様を少し紹介します。

今回のテーマは「ギウ」作り。
「ギウ」は水牛のバターから作られるネパールのバターオイルです。
インド料理屋さんでナンに塗られている「ギー」と同じものです。

日本では水牛のバターが手に入らないので、牛のバターで代用。
弱火で徐々に溶かしていきます。

溶かしたバターをさらに過熱すると、徐々に泡が出てきます。
(バターの中に含まれる水分が水蒸気となって出ている状態)

泡が落ち着いたら濡れ布巾で粗熱をとり、キッチンペーパーを敷いたザルで濾します。

バターに含まれる無脂乳固形分(タンパク質や炭水化物など)と乳脂肪分が分けられます。

出来立てのギウをパンにつけて試食。

加熱する過程でアミノカルボニル反応(糖とタンパク質の化学反応)が起こるため、「ギウ」は香ばしい風味を持っています。
また、バターは常温保存が不可ですが、ギウは常温保存が可能となります。

来週はこのギウを使ってダル(daal)というネパールの豆のスープを作ります。

卒業生が遊びに来ました♪ part35

平成27年3月に卒業したばかりの卒業生が、さっそく学校に遊びに来てくれました。

それぞれ、保育園や委託給食会社、特別養護老人ホームの栄養士として頑張っているようです。
来校が久しぶりの再会でもあったらしく、みんな、学生時代に戻ったように楽しい時間を過ごしていました。

元気そうな卒業生の姿をみて、頼もしく感じました♪
またいつでも遊びに来てください^^

食2 調理実習Ⅱ ハンバーグステーキ、バニラブラマンジェ

西洋料理の実習5回目。

褐色のソース、Sauce Bruneを1時間かけて仕上げました。

ソースをハンバーグステーキにかけていただきます。
ハンバーグの形成もばっちりです。

また、コーンスターチを用いてバニラブラマンジェを作りました。
コーンスターチの糊化温度に気を付けて丁寧に仕上げました。

<本日の実習内容 と 学生の感想>
●ハンバーグステーキ●
ふっくらできた。味もしっかりしていて、ソースとの組み合わせがよかった。

●ソース・ブリューヌ●
トマトのやさしい酸味のあとに玉ねぎやベーコンのまろやかな旨味が広がって美味しかった。

●にんじんのグラッセ●
つやがあって、見た目がきれいだった。

●さやいんげんのソテー●
噛んでいると甘味が口いっぱいに広がった。シャキシャキとした食感も楽しめた。

●じゃがいものポンヌーフ●
茹でてあったので中はホクホク、外は揚げたので表面がカリカリしていて美味しかった。

●バニラ・ブラマンジェ●
ゼラチンとは違ったもちもちした感じがあり、満腹感のあるデザートだった。

調理学実験(食1)

本日の実習内容は
・小麦粉調理における水、砂糖、油脂の役割
・小麦粉の膨化―膨化剤の種類と性質―
・小麦粉の膨化―膨化剤と小麦粉―
でした。

小麦粉に、砂糖や卵、牛乳などを加えてこねたものをクッキーにしました。

甘くてサクサクとしたおいしいクッキー、固くてカンパンのようなクッキーなど、様々なクッキーができあがりました。
実際に食べてみることで、加える調味料や食品によって、食感や風味が変わるのということがわかりました。

本日学んだことを、お菓子やパン作りなどに役立てられたらいいですね!

高校硬式野球部への栄養サポート⑫

スポーツ栄養研究会では昨年11月より
飯田OIDE長姫高校 硬式野球部の栄養サポートを行っています。

新年度に入って、初めての身体計測を行いました。

1年生にとっては初めての測定。
まずは自分の体を知ることが大事です。

それから、なりたい体の目標を立て、
日々の練習、食事に取り組んでいってもらいたいと願っています。

過去の取り組みの一覧はここをクリックしてください

高校硬式野球部への栄養サポート⑪

スポーツ栄養研究会では、昨年11月より飯田OIDE長姫高校 硬式野球部の栄養サポートを行っています。
新年度に入ってからも、練習前後にグラウンドで食べるご飯についての栄養サポートを行っています。

桜の季節には、しば漬けで桜をイメージした混ぜご飯を提供しました。

〇夏バテ防止の豆腐ご飯〇          〇チーズおかかご飯〇

提供する学生、そして選手も、この環境にもだいぶ慣れてきました。

また、5月のはじめには試合観戦に行きました。
あまり野球の試合を観戦したことのない学生にとって、とても有意義な時間となりました。

過去の取り組みの一覧はここをクリックしてください

【学校行事】釈尊降誕会(花祭り)が行われました

学校の宗教行事として、「釈尊降誕会(花まつり)」が行われました。

お釈迦様の誕生をお祝いし、毎年この時期に行われます。

食物栄養専攻の2年生は、毎年、<甘茶>を担当しています。
甘茶の時間で、全学生、教職員に振る舞いました。

  • サイトマップ