スマートフォン版

食2 臨床栄養学実習Ⅰ~慢性下痢~

本日は慢性下痢について学びました。

食事のポイントは消化の負担が大きい、繊維質・脂質・香辛料などの刺激物は避けましょう。消化吸収がよく、栄養価の高い食品を摂取することが大切です。
また、脱水症状には注意しましょう。

酒蒸しは手作りポン酢をつけて頂きます。お吸い物はおぼろ昆布・梅干しが入っているので上品な一品です。

今回の実習はご飯ではなく“お粥”、消化の良い絹ごし豆腐・卵(温泉卵)・鶏むね肉を用いりました。

《本日の献立》
   ・全粥・お吸い物。酒蒸し・温泉卵・バナナセーキ

【ゼミナール】ベーコンとハーブのピッツァ

本日のゼミでは手作りのベーコンとハーブを使ってピッツァを焼きました。

1時間ほど発酵させた地粉の生地を薄く伸ばし…

ソースや具をのせ…

15分ほど焼いたら完成

ピザカッターで切り分けて食べました。

中にはハーブ盛り盛りの学生も…

ハーブは料理に彩りや香りを加えるだけではなく、ビタミンやミネラルを多く含むため、お薦めの食材です。

食2 調理実習Ⅱ=西洋料理=

本日の実習では、ロールキャベツ・マカロニグラタン・さやいんげんのサラダを調理しました。

今回のロールキャベツは野菜・肉の旨味を感じてもらうため、ソースは作りません。鍋にコンソメ・玉ねぎ・人参を入れ、落し蓋をして弱火でコトコト30分以上煮ると美味しいロールキャベツが出来上がります。
 芯を取って巻きます。

『グラタン』とは加熱によってできる薄い皮・焦げのことをいいます。ホワイトソースも手作りしました。

☆★本日のメニューと学生の感想★☆
 〇ロールキャベツ・・・キャベツの甘みが強く、肉の旨味とよく合っている。
            野菜の旨味も十分感じられて美味しかった。
 〇マカロニグラタン・・・表面が少し焦げていることで香ばしく、
             中はソースのまろやかさがあってとても美味しかった。
 〇さやいんげんのサラダ・・・卵黄を裏ごして野菜に散らしたことで見た目が華やかになった。
               冷たくさっぱりして美味しかった。

【マンガ飯同好会】タフィー&ドーナツ

マンガ飯同好会、本年度1回目の活動報告です。

赤毛のアンに出てくる「タフィー」

パムとケロのにちようびにに出てくる「ドーナツ」

ハーブティーと共に頂きました。

オープンキャンパス(6月)

H28年度1回目のオープンキャンパス。

食物栄養専攻ではフルーツいっぱいのシフォンケーキを作りました。

みんなで楽しいシフォンケーキ作りでした。

オープンキャンパス(6月25日)

6月25日(土)のオープンキャンパスの内容をご紹介します。
ぜひご参加ください。
・専攻説明
・卒業生の話
  「幼稚園栄養士の仕事」 
     (慈光幼稚園 栄養士)
・体験授業
  「シフォンケーキ作り!」

   ※焼いている間に学食体験
・施設見学 (給食管理棟ほか)
・個別相談・保護者ガイダンス

食2 栄養指導実習~栄養指導の発表~

「栄養指導実習」は、対象者の実態に合った指導内容・方法があることを理解し、知識や技術を現場でどう活かすかという視点から学習していきます。
今回は、栄養指導のグループ発表が行われました。グループごと、テーマに合わせた指導案を考えたり媒体を作ったり準備をしてきました。

1班『みんなでまもろう!きゅうしょくのルール』         2班『3色の栄養素を知ろう』
      (対象:小学1年生)                   (対象:小学3・4年生)

3班『カルシウムについて理解しよう』            4班『妊娠期の食事について知ろう!!』
  (対象:小学3年生)                 (対象:妊娠予定のある人・妊娠初期の人)

5班『やせすぎダメ!!ゼッタイ!』            6班『妊娠前の丈夫な体づくりを考えよう』
   (対象:20代 女性)                    (対象:20~30代 女性)

7班『食事で治そう糖尿病』                  8班『高血圧を予防しよう』
 (対象:30代 男性)                        (対象:成人)

9班『噛みやすい、飲み込みやすい食事とは?』         10班『高血圧を防いでピンピンコロリ』
 (対象:高齢者)                        (対象:65歳以上の高齢者)

それぞれ対象者に合わせた話し方や媒体など工夫して発表していました。
身近なもの(ペットボトルや缶など)を使って表現していたりプリントやアンケートを作成しているグループもありました。プリントがある事で対象者の理解を深めることが出来ます。
今回の発表で自分自身が正しい知識を身につけ、どのようにすれば分りやすく対象者へ指導出来るのかその難しさ・大変さを学んだと思います。人へ正しく伝えるのは難しいですがとても大切なことです。
各グループ反省点がありますがそれを踏まえて今回学んだことを今後に生かしていきましょう。

食2 調理実習Ⅱ=西洋料理=

本日の実習では、オムライスにかけるソースも手作りしました。本来オムライスには『ケチャップライス』を入れる事が多いと思いますが、実習では『ピローご飯(ピラフ)』を鍋で炒めて作りました。また、トマトピューレを煮詰め小麦粉とバターを練ったものを加えた即席トマトソースをオムライスにかけました。
 ソースは約30分かけて作ります。

 上手く包めたかな? お皿に盛ったらふきんで形を整えます。

ポテトサラダに入れるじゃが芋・人参は皮付きのまま茹で、潰さず半月orいちょう切りの5mm厚さに切り手作りマヨネーズと和えました。

★☆本日のメニューと学生の感想☆★
 〇オムライス・・・ピローご飯は手間がかかったがその分、素材の味が上手く混ざっていて良かった。
 〇即席トマトソース・・・ケチャップと違い濃厚で美味しかった。
 〇ポテトサラダ・・・人参とじゃが芋はとても柔らかく、口当たりが滑らかできゅうりと玉ねぎはシャキシャ
           キしていて食感がよく美味しかった。
           下味で人参とじゃが芋に酢を加えるのがいいと思った。
 〇カップケーキ・・・周りはカリッ!サクッ!としていて美味しい。
           ラム酒の風味がとても効いていて大人な味がする。

食1 調理学実験 -什錦炒飯・拌蘿蔔黄瓜・会十景丁ー

本日の献立
・什錦炒飯(五目チャーハン)
・拌蘿蔔黄爪(きゅうりと二十日大根の和え物)
・会十景丁(五目うすくず入りスープ)
本日は食物栄養1年生にとって、初めての本格的な調理実習でした。

中国料理で大事なのは、高温・短時間で仕上げることです。
野菜を切ったり、下茹でしたりと、下処理には時間がかかりますが、準備をしっかりしておくこともポイントの1つです。

炒飯では、最初に卵を炒めておきます。

油に香りがつくように干し椎茸、ネギを熱し、下処理をした具材を加熱していきます。

ごはんを加え、味付けをしたら、炒めておいた卵とグリンピースを加えてできあがりです。

おいしくできました。
 

今後は調理実習も増えていきます。
いろいろな調理法を学んで、腕を磨いていきたいですね!

食2 臨床栄養学実習Ⅰ~糖尿病の自主献立・反省~

今回授業の初めに、先週行った糖尿病の自主献立について反省をしました。
代表者が実際に作ってみてよかった点・悪かった点を発表していき、
『量が少なくなってしまった。』『黄色や赤色の食材を使うことによって彩りがよくなった。』『旬のものを使うことで季節感が出た。』『作ってみて朝食と昼食を逆にした方がよかった。』などの反省点の他、
『牛乳をそのままでは飲めない人の為にフレンチトーストにして牛乳を摂取できるようにした。』『冷やし中華が冷たいので温かいスープをつけた。』など工夫した点もありました。

《18単位:1,440㎉》

《20単位:1,600㎉》

《23単位:1,840㎉》

次回から食品交換表を用いて腎臓病食の献立を立て、代表者の献立で調理実習をします。
今回の反省点を生かしつつ更に良い献立が立てられるといいですね。

  • サイトマップ