スマートフォン版

食2 調理実習Ⅲ クリスマス料理

今年最後の実習は、一足早いクリスマス料理の実習でした。

☆★☆本日のメニュー☆★☆
 ・ほうれん草のクリームスープ
 ・ローストチキン
  (付け合わせ)クレソン、じゃが芋のポンヌーフ、芽キャベツのバター炒め
 ・果物(パイナップル)
 ・デコレーションケーキ
 ・クリスマス料理(各班)

各班オリジナルのクリスマスケーキです。
様々な食材を用いてとても華やかなケーキに仕上がりました。
 

前菜なども各班で考えました。
どれもとっても美味しそうです♪
 

今年も1年お疲れ様でした。
          
          

食2 調理実習Ⅲ=日本料理=

本日の実習は、先週学んだ“寿司酢”を生かし【太巻き】を作りました。
合わせ酢は米に対して、酢:15%・砂糖:5%・塩:1.5%でした。しっかり覚えておきましょう。

太巻きは一人一本巻きます。
    

☆★本日の実習と学生の感想☆★
〇太巻き寿司・・・彩り豊かな具材で見た目も良く、具もそれぞれに味がついていてとても美味しかった。
〇蛤の潮汁・・・汁が澄んでいてキレイだった。蛤の良いだしが出ていて風味がとても良かった。
〇白和え・・・衣がフワッと仕上がって具材とよく絡んでいて美味しい。いろいろな食感が楽しめた。
      
写真では少し見えにくいかもしれませんが、“蛤の潮汁”の盛り付け方は1つの貝殻に身を2つのせて頂きます。心と心を合わせるという意味でおめでたい時に供します。
      

食2 調理実習Ⅲ=日本料理=

本日の実習では、“すし飯”について学びました。
学んだことを生かし見た目が華やかな『散らし寿司』、じっくり時間をかけて煮込んだ揚げを用いた『稲荷寿司』を作りました。
来週は『太巻き寿司』を作りますよ♪

    
寿司桶は木で出来たものを使用すると余分な水分を吸収してくれます。盛り付けは“平らに”“美しく”がポイントです。

☆★本日の実習と学生の感想★☆
〇散らし寿司・・・具材が豪華で色取りも良くとても食べごたえがあった。
         それぞれに味をつけた事によってどこを食べても美味しかった。
〇稲荷寿司・・・油揚げに味が良く染み込んでいて嚙んだ時にジューっと甘みが広がった。
 付け合わせ:生姜の甘酢漬け(ガリ)・・さっぱりとして食べやすかった。
〇赤だし・・・赤みそ独特の渋みと旨味が感じられ塩分も丁度よかった。
       なめこと豆腐というシンプルな具材が良く合った。
〇即席漬け・・・ゆずの皮を入れて漬けたため野菜にゆずの香りが染み込みサッパリとして美味しかった。
        パリパリとした食感も楽しめた。

     
今回の味噌汁は“八丁味噌”を用いりました。渋みが強く濃厚な旨味がある赤だしはお寿司とセットで頂きます。

  • サイトマップ