スマートフォン版

スポーツ栄養研究会 H30年度 活動トピックス②

飯田女子短期大学には、「スポーツ栄養研究会」という部活動があります。
食物栄養専攻と看護学科の学生が、スポーツと栄養に関する様々な活動を行っています。

本日、飯田市龍江で行われた自転車レース「第5回 エンデューロ大会」に、ボランティアスタッフとして、2年生5名が参加してきました。

今回、初めて自転車レースを観戦さていただきましたが、スピード感が凄い!!

子どもから大人まで幅広い年齢の方がレースに参加されていました。

今回、近くで自転車競技を観戦できいい経験になりました。

また、運営スタッフの方々からお土産も頂戴しました。

スタッフと選手の皆様、本当にありがとうございました。

そして、ボランティアに参加した学生のみなさんお疲れ様でした!!

調理実習Ⅱ~筍と戻り鰹~

今週の調理実習では春を感じさせる料理が沢山登場しました。

本日のメニュー
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
①たけのこご飯

②若竹汁

③イカと筍の木の芽和え

④カツオの土佐作り

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

本日のメイン食材である「たけのこ」は、春を感じさせる香りと触感が特徴です。
下処理が重要なのですが今回は簡単にその流れもご紹介していきます。

①収穫した筍は固い皮に覆われています。そこに、胴体部分から穂先にかけて薄く切れ目を入れていきます。

切れ目を入れることで中の可食部にしっかりと火を通すことができます。
そこで注意点‼ 包丁を入れすぎると可食部を傷つけてしまうので気を付けます。

②鍋に筍がひたひたになるまで水を注ぎ、米ぬかと鷹の爪を入れて煮ていきます。

米ぬかと鷹の爪を入れることによってアクを取り除くことができます。とても大切な工程です。
そこから1時間ほど煮ていきそのまま冷ましていきます。

③後は皮をむき水洗いできれば下処理の完了です‼

さあ、師範の様子です。

料理によって筍の切り方の違いを実演されています。
筍の先の部分(姫皮)と根元の部分では見た目や触感が全く違います。
今回は筍づくしなのでちゃんと部分別に分けて作っていきます。

あともう一つの食材である「鰹」です。
鰹で有名なのはメニューにも書いてある通り土佐(高知県)です。
赤身であっさりとしたイメージですが、肉質がしっかりしていてうま味をしっかりと感じられる良い鰹でした‼

串うちの様子です。柵どりした鰹を扇状に鉄の串を刺していきます。
こうすることによって手で持っても安定し、火で焙ることが可能です。

串うちが出来たら火で焙っていきます。焙っていくとパチパチと美味しそうな音が鳴っていきます。
今回は、ガスで焙っていきましたが、本場やお店によっては炭火で藁を燃やして焙るところもあります。
藁の香りがしみ込んだ鰹のたたきは想像するだけで美味しそうですね‼

今回も綺麗に盛り付けてくれた班に写真を撮らせてもらいました‼
結構なボリュームでしたがみんなペロンとたいらげていました。
やっぱり、おいしいものは食べてしまいますよね(笑)。

写真の通り、皆さん楽しく食事が出来ました‼

次回はプレーンオムレツを行います。
一見、シンプルで簡単なイメージですが洋食コックの腕の見せ所といわれるぐらい実は奥が深い料理です。
みんなうまくできるかな?

【トピック】
今日登場した鰹ですが地域によって食べ方が少し違うみたいです。
ここ、長野では醤油をつけて食べるのに対し関西ではポン酢をかけて食べます。
そして、本場である高知では新鮮だからなのか塩を少しだけ付けて食べるみたいですよ。

食2 栄養科学実験Ⅰ② 糖質の定性



今回の実験では、糖質の定性実験を行いました。

糖質と呼ばれるものには多くの種類があり、
その一つ一つに、構造や性質などの特徴があります。

今回はA~Fの6種類の糖質の入った溶液を用意し、
その特徴を実験から見つけ出し、
A~Fに溶けている糖は何なのか各班で探しました。

見事 どの班も実験の結果から、正解を見つけることができました!
探偵になった気分~!と楽しんで取り組んでいる様子が印象的でした。





食1 調理学実験 ~切り方テスト~

授業が始まり、3週目になりました。
1年生の皆さんも短大生活に慣れてきたころでしょうか?

さて今回は、1年生の実習の様子をご紹介します!!

1年生の前期は、栄養士になるための基礎科目が中心になります。
その科目の中で「調理科学(講義)」と「調理学実験(実習)」があります。
講義と実習・実験を通じ「調理操作・食品の調理性」についての理解を深めます。
また調理学実験は、初めての実習科目でもあります。

実習内では、調理操作に慣れてもらうため切り方のテストを行っています。
今回は、「キュウリの小口切り」について先生の示範を見て。

1人1本キュウリを切りました。

真剣に取り組む姿が印象的でした!!
ぜひ、実習で学んだことを家庭でも実践してみてください。

食2 臨床Ⅰ② ~貧血~



今週から調理実習を通してさまざまな病態食について学んでいきます。

本日のテーマは貧血です。貧血の種類と食事のポイントについての講義を受けた後、
鉄欠乏性貧血に対応した食事を調理、試食をして理解を深めました。

  本日のメニュー
   ◎ごはん
   ◎しじみの味噌汁
   ◎レバーの香り焼き
   ◎ひじきと大豆の煮物
   ◎クレープ ほうれん草ソース

鉄分が多く含まれるひじきと大豆を使った煮物ですが、
どちらも植物性食品であるため、体内での吸収があまりよくありません。
そこで吸収率を高めるため、今回は動物性タンパク質である豚肉を加えます。

レバーも丁寧に下処理し、香味野菜を使うことで、
苦手な人も多い独特な臭みがやわらぎ、食べやすくなります。

カスタードクリームにほうれん草のピューレを加えたソースが
とっても鮮やかできれいですね!各班それぞれ盛り付けも工夫していました。



どんなときでも、食事を楽しんでもらうことが一番です。
これからさまざまな病態について
治療の中でもおいしい食事のポイントを学んでいきましょう!





調理実習Ⅱ ~西洋料理~

今日は食物専攻2年生の調理実習でした。
第一回目の今日は西洋料理の朝食づくりを実施しました。

☆本日のメニュー☆
”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
ハムエッグ

ホットケーキ

グレープフルーツカップ

紅茶
”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
まず、西洋料理の特徴を講義で知識を深めていきます。

講義が終わって先生からのお手本を見たらさっそく実践です‼

これはホットケーキの材料を学生が撹拌しているところです。
ふんわりとした仕上げにするには手早く空気を含めていきながら撹拌していくことが重要です。


ホットケーキが出来ました‼
三段に積み上げてバターが溶けている感じとメープルシロップが上からかかっている感じが魅力的です‼


グレープフルーツカップです。
各班によって盛りつけが違って見ていてワクワクした気持ちになりました‼

試食中の様子です。


楽しくつくって、おいしく食事できたのは良いことですね‼

次の調理実習Ⅱは旬の食材を使った実習になります。
今から楽しみです‼

講義開始2週目‼

今日から講義が始まって2週目に突入します。新入生の皆さんは学校に慣れたでしょうか。
先週、新入生の入学を歓迎してくれたかのように咲いていた桜たちもすっかり散ってしまいました。。。

寂しさもありますが、春はこれからです‼
春の旬の食材といえば皆さんは何が思い浮かぶでしょうか?
山の幸である「山菜」や「タケノコ」など沢山の食材がありますよね。
きっと、これからの実習ではそんな旬の食材を使った料理を沢山作ることでしょう。

家政学科食物栄養専攻ではそんな美味しいことを考えながら楽しく講義や実習を実施していきます‼
今週も楽しく頑張っていきましょう‼

食2 栄養科学実験Ⅰ① ビタミンの分析



栄養科学実験Ⅰでは、それぞれの栄養素の特性と、その代謝について実験を通して学びます。
第1回目の今日は、ビタミンに関する2つの実験を行いました。

13種類あるビタミンは脂溶性4種類、水溶性9種類に分けられます。
そのほとんどが体内では合成されないため、バランスの良い食事をとることで補給することが重要です。

1つ目の実験は、脂溶性ビタミンであるビタミンAが食肉のどの部分に多く存在するか
3つの部位を用いて定性分析を行いました。

2つ目は水溶性ビタミンであるビタミンCに関する実験です。
なすに含まれるビタミンCの抗酸化活性を測定しました。

それぞれのビタミンの特性について、実験を通して自分の目で見て知ることで
いままでの学びがさらに深まったのではないでしょうか。





食2 臨床栄養学実習Ⅰ① 粥食と特殊食品の試食



いよいよ今週から授業が始まりました。
2年次に開講される臨床栄養学実習Ⅰでは、それぞれの疾患に対応する「治療食」について学びます。
1年次に学んだ基礎から、より専門的な内容となっていきます。

本日は、講義にて臨床現場での栄養士の役割と、基本となる栄養成分管理や食事形態などについて学び、
その後粥を炊き、全粥と五分粥、そのほかの特殊食品の試食を行いました。

エネルギー補給に使われるゼリーや、たんぱく質の量を調整されたごはんやパン、
食形態に合わせて使用するペースト状の食品など、さまざまな種類の特殊食品があります。

特殊食品を用いることで、患者さんの負担を軽減するだけでなく、
食事の喜びや楽しみをさらに感じてもらうことができます。

患者さんの状態をしっかりアセスメント評価し、
その人に合った栄養、食事管理ができるようにこれから学んでいきましょう。




麻績の里 桜まつりに茶道部が参加しました

4月8日、座光寺で行われた麻績の里 桜まつりに今年も茶道部が参加させていただきました。

桜を見に来られたお客様お抹茶をお出しするだけでなく、
日頃のお稽古の成果を披露する場でもあります。

当日は少し肌寒く感じましたが、外でのお点前は貴重な体験となりました。

茶道部には食物栄養専攻の2年生が5人在籍しています。
茶道に興味のある1年生、2年生、部員は随時募集しています!
毎週水・金曜日に短大会館(寮の隣の平屋)で活動中です。
お気軽に見学に来てください。

  • サイトマップ