ラーメンのゼミでは、化学調味料0の自家製ラーメンについて学んでいます。今年は10名の学生が履修しています。

今年から加工室には最新の自動製麺機(リッチメンⅠ型、大和製作所)も備わり、麺・スープ・具の全ての自家製が可能となりました。

今回の自家製麺には(特)飛龍という小麦粉を使用しました。
総調理時間は1時間30分ほど、これで材料費は一杯200円です。自分で作ると安いというのは、料理でもラーメンでも一緒ということですね (^^)


写真左は初めてのゼミ生が作るいつもの醤油ラーメン。
一方、2年連続で履修しているゼミ生は特別テーマ「ご当地ラーメン」に取り組みます。まずは喜多方ラーメンを作ってもらいました。味の決め手は煮干しと豚骨、もちろん化学調味料0です(写真右)。