今回の食品開発実習では、
『手打ち』と『製麺機』でそれぞれパスタを作りました。

作り方の基本は、同じですが加える水の量が異なります。

◎製麺機での様子

通常よりも少ない加水量で、生地を作ります。

手打ち麺と機械製麺で食べ比べをしました。

粉から麺を作ることは、めったにないはず。

学生にとって貴重な経験になったのではないでしょうか。