1年生が後期に受ける食品学及び食品衛生学実験にて、薄層クロマトグラフィーという手法を用いて食品に含まれる合成着色料を検出する実験を行いました。メロンシロップや福神漬け、たくあん2種(着色料のもの、天然色素のもの)を素材にして、どの食品にどの着色料が含まれているのかの実験を行いました。
おなじ黄色に見えても、天然色素入りのたくあんからは薄層板に黄色の色素が展開されてこないことに、学生は驚いた様子でした。

200812221 200812222