スマートフォン版
HOME >  新着情報 >  【寄附講座】飯田産業技術大学講座「運動とレクリエーション」を実施しました
学校からのお知らせ
【寄附講座】飯田産業技術大学講座「運動とレクリエーション」を実施しました 【2021-12-23】

12月14日エス・バードにて南信州・飯田産業センター主催の「飯田産業技術大学講座」で、「運動とレクリエーション」と題し、本学中本貴規幼児教育学科助教が講義を行いました。コロナ禍の活動制限で抱えたフラストレーションを運動が持つ特性を活かし緩和を図り、心身のリフレッシュ方法などを学びつつ、コミュニケーション力を向上させる方法を実践的に学べる講座を開講しました。今年度寄附講座として引き続き「栄養学の基礎講座」を予定しております。

参加者:飯田・下伊那の製造業等の事務担当者、新人職員、地域のスポーツ指導員、飯田市職員他
計15名

(内容・解説)
・「ラインナップ」黙って他の参加者とコンタクトを取りながら、課題に対する順番を予測し並ぶ。
→集団作りにおける初段階、「形成期」へと円滑に入っていくためのアイスブレーキング
・「猫とネズミ」ビニール製のしっぽを付け、猫チームとネズミチームに分かれ、じゃんけんの勝負で
片方の者は追いかけ、もう片方の者は逃げる。
→活動量を増やしながら、小集団での関わりを深化させる
・「数ふみ」6人のチームで、円の中に並べられた1から30までの数字が書かれた札を、
6人で順番に踏んでいく。ルールとして、必ず1人1回は踏む、円の中に入れるのは1人、
1人2枚まで一度に踏むことができる。チームで3回の試行を行いタイムを縮めていく。
→チームで活動・戦略を練るなどの行為により、集団行動能力の向上を目指す
など

<教員プロフィール>
幼児教育学科 中本貴規 助教

ページトップへ