スマートフォン版
HOME >  成績評価における客観的な指標及び算出方法

・客観的な指標としてGPAを、全ての科目に設定している。GPAに応じて、注意勧告・退学勧告等による学修指導を行う基準を設定し、学修指導を行っている。

・算出方法については、成績評価を「秀・優・良・可・不可」で判定し、それぞれ4.0~0.0点の成績評価GPをつけている。
・学期GPA
(当該期に評価を受けた科目のGP×その科目の単位数)の合計を、当該期の総履修登録単位数で割って算出する。
・通算GPA
(各学期に評価を受けた科目のGP×その科目の単位数)の合計の総和を、総履修登録単位数で割って算出する。