スマートフォン版
HOME >  学科案内 >  家政学科・生活福祉専攻

_N813931edited2

授業内容受験資格卒業後の進路

IMG_0922edited

私達は、介護現場のリーダーを育てます

  1. 専門的知識と技術を学んで基礎力をつけます。
  2. 実習での「体験」を「経験」にかえて実践力をつけます。
  3. 昔を体験し、生活力をつけます。
  4. 地域の生活や文化を学んで利用者理解を深める力をつけます。
  5. 「生活とは何か」を追求し、その人に合った生活を支える総合力をつけます。

めざす資格

  • 介護福祉士(国家試験受験資格)
  • リフトリーダー養成研修修了
  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 社会福祉主事任用資格
  • 介護予防運動指導員
  • 福祉住環境コーディネーター2級・3級

幅広い知識と技術を身に付ける特色ある取り組み

特色1

高齢者の生活を学ぶ

高齢者の生きてきた時代を知るために、昔の経験を知る授業や、介護技術やアクティビティなどを体験しながら学ぶ授業があります。世代を越えた共通点を知ることで、利用者一人ひとりの心に寄り添うことを学びます。

特色2

車イスバスケットを学ぶ

地域の車イスバスケットボールチームと交流することを通して、障がい者スポーツの目的や意義を学びます。また、障がいを持つ人に、スポーツの楽しさを伝え支援できるように学びます。

特色3

食物栄養専攻の教員から専門的に学ぶ

栄養士養成の専門教員による介護食や、糖尿病などの治療食を学ぶ調理実習があります。障害があってもおいしく食べられるケーキなどのお菓子の作り方を授業の中で学びます。

IMG_6937軽

特色4

卒業生から学ぶ

地域の介護現場の質向上を目指し卒業後も繋がりを持ち、卒業生向けに最新の介護技術の講習会も開催しています。卒業後介護福祉士で働く傍ら、リフレクソロジーの資格を取りサロンを開いている先輩からマッサージの方法を学んだりします。

seifuku_tokushuu3

授業内容

かわいい動物たちと一緒に、利用者さんの心を癒す技術を学ぶ

ペットが家族の一員になっている家庭が増えてきました。高齢者の中でも犬や猫と生活を共にしている方が多く、生きがいの一つになっています。しかし、介護が必要になったことで、かわいくて、癒しの存在であったペットたちと離れて暮らしている利用者さんもいます。家族の一員であったペットと暮らし、それまでの生活を維持できるように、犬や猫と暮らすことの意味を学び支援できる知識を学びます。

リフトの知識を身に付けます

最新の福祉機器を使用して負担のない介護を学ぶことができます。リフトやスライディングボード・シートを使いこなせる介護福祉士の養成を目指し、他の学校にはないリフト6台・電動ベッド8台等をとりそろえ学べる環境を整備。福祉機器を活用すれば、利用者にも介護者にも安全で安楽な移乗ができ、さらに介護者の腰痛も予防できます。また、学生には、スライディングシートを1枚ずつ配布し「持ち上げない介護」を実習先でも実践。実習施設とも連携して「持ち上げない介護」の普及を目指しています。

126_O2A2225n リフトn 166_O2A2287n

団塊の世代の多様なニーズに対応できるよう、プラスαの知識を学びます

・災害現場でも活躍できるよう、災害について学びます。
・障害があってもおいしく食べられるケーキなどのお菓子の作り方を学びます。
・高齢になっても趣味の活動が続けられるよう着物の知識を学びます。
・高齢者になってもおしゃれに過ごせるよう、メイクやリフレクソロジーを学びます。

tnk40987n 

ダブルライセンスを目指す

介護福祉士+社会福祉士orケアマネジャー介護福祉士を取得後、4年制大学の3年次編入をすることができます。さらに、5年の現場経験を積んでケアマネジャーの資格を取得できるようにフォローしていきます。ステップアップで福祉のスペシャリストを目指していきます。

 

受験資格

取得可能な資格

介護福祉士

介護や福祉の専門的知識や技術を身につけ、介護が必要な高齢者や障害者に対して必要な支援を行い、その人らしい生活(人生)が送れるように支える専門職。

社会福祉主事任用資格

高齢者や障害者に対して日常生活の相談やアドバイスを行う「生活相談員」 として働くことができる資格。卒業時に取得可能。

その他の資格

介護予防運動指導員

介護予防が必要な高齢者や、要介護者等の自立支援に必要不可欠である身体能力の維持・回復・向上を目指し、運動を中心とした指導を行う専門職。 指定の講習を受講し、試験に合格することで取得可能。

福祉住環境コーディネーター(2・3級)

医療・福祉・建築について幅広い知識を身につけ、各種の専門職と連携をとりながら、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドアイザー。 検定試験に合格することで取得可能。

卒業後の進路

介護の専門職として地域に求められる人材

介護現場からは、多くの求人が寄せられています。学生の多くは特別養護老人ホーム 等の大規模施設に就職しますが、小規模なグループホームにも就職しています。また、地域で暮らす利用者さんを支えるデイザービスや訪問介護への就職もあります。本学の卒業生は圧倒的な離職率の低さを誇りに、“辞めない・あきらめない”を胸に活躍しています。それは、地域の介護の質を向上させるために、自分もその一翼を担っているという誇りをもっているからです。そして学生達は、1年次から実習やボランティア活動を通じて、具体的な就職先を想定しながら、自分自身の進路について考え選択していきます。4年制大学に編入し、福祉を広く学ぶ学生もいます。現在、介護現場で多くの先輩が、ユニットリーダーやケアマネージャーとして中心的役割を担って活躍しています。

過去の主な進路

介護福祉士

特別養護老人ホーム

かざこしの里、シルバーハウスゆめの郷、第二光の園、越百園、千寿園、陽だまりの丘、あさぎりの郷、うつくしの里、サンハート美和、みすず四恩の家、みのわ園、越百園、千寿園、やすおか荘、千曲荘、笑みの里、阿智荘、喬木荘、飯田荘、豊野清風園、やすらぎの園、たまゆら、至誠学舎立川

老人保健施設

はやしの杜、プラムの里、アップルハイツ飯田

デイサービスセンター

北部デイサービスセンター、いいだデイサービスセンター、コスモス松川デイサービスセンター、ふくらはぎ健康法タオ上新庄、上郷デイサービスセンター、松川町社協ヘルパーステーション

訪問介護・小規模多機能型施設・グループホーム

小規模特別養護老人ホーム太陽の家(ショートステイ)[社会福祉法人サンあなん]、あぐり山本、麦の家、さわらび

障害者施設(介護福祉士資格あり)

阿智温泉療護園、大萱の里、南原苑、小諸学舎、アンサンブル松川、夢のつばさ

療養型医療施設

北アルプス医療センターあづみ病院、相澤病院

企業・団体

飯田市役所

進学

日本福祉大学 社会福祉学部、長野大学

心が動けば体が動く

 介護福祉士は、単に身体的な介護だけで日常生活を支えているのではありません。生活の中では生きがいや楽しみも必要です。そんな「楽しい!」「よかった!」「やってみよう!」など心が動く瞬間を作り出せるように、様々なアクティビティを学びます。 授業では様々な体験を用意しています。 昔の体験ではかまどでご飯を炊いています。まず、火をおこし、火力を調整するなど、昔の生活の一場面を体験し、炊飯器のなかった時代を知ります。現代ではスイッチ一つでご飯が炊けますが、高齢者の生きてきた時代では、何をするにも時間や手間がかかった苦労を体験し理解します。 また、農作業に馴染んできた方が、体に障害を持っても同じように畑仕事が出来るように、車いすでもできる畑作りを体験しています。畑の高さを調整すれば、車いすでも畑仕事ができることを体験し、野菜の苗を植えて収穫を楽しみに世話をしています。 心が動き出せば、体は自然と動き出す…そんなアクティビティをたくさん学んで、その人らしく幸せに暮らせる支援方法を学びます。

IMG_1242-2edited IMG_1270edited IMG_1275edited P1000352edited

AP・CP・DP

アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

人に深い関心と思いやりを持っている人

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成の基本方針)

(1)利用者の存在を尊重し、人権擁護の視点を持ち、高い倫理観を形成できるよう科目を編成します。
(2)一人ひとりの生活状況や状態を的確に把握したうえで、個別ケアを重視した専門的支援ができる力を育てるように科目を編成します。
(3)高齢者の生きてきた時代や伝統・文化の理解を深め、利用者の生活習慣や環境を理解できるような科目を編成します。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の基本方針)

(1)人権擁護の視点を持ち、高い倫理観を裏付ける幅広い教養を身につけた学生
(2)介護に関する制度・施策について基本的理解ができ、基本的な介護技術・知識および医療的ケアを習得し行動できる学生
(3)社会に通じるコミュニケーションの基本を理解し、利用者や家族及び多職種と連携がとれる能力を持っている学生
(4)慈しみの心をもって利用者の思いに寄りそうことができ、相手の立場に立って考えられる学生

主な科目の担当教員

小笠原 京子
熊谷 教
太和田 雅美
矢澤 はる美
佐々木 晃美
伊藤 みき