スマートフォン版

» 2012 » 1月のブログ記事

2011 臨床栄養実習⑤

臨床栄養実習は生活福祉専攻と家政専攻の専門科目です。

高齢者施設等の入居者や在宅ケアにおいて、高齢者が安全でおいしく食事をするための理論を確認し、適切な食品を選択し食事作りができる技能を修得します。
また、高齢期における疾病患者に対応した食事を学びます。
 
年明け、残り2回は介護食、行事食を作りました。

 
介護食

  • 小田巻き蒸し
    (うどん入り茶碗蒸し)
  • ほたてと鮭の寒天寄せ
  • スイートポテト
  •  
     

 
 
行事食

  • 雛まつり寿司
  • 菜の花のおひたし
  • 蛤の潮汁
  • くだもの
  •  

     
    行事食を終えて臨床栄養実習は最後となりました。

    包丁の使い方、だしのとり方などの基本調理から、介護食について
    今まで学習したことが、これから役立つといいですね!
    お疲れ様でした。  
     


23年度 卒業研究発表会

1月19日(木)

卒業研究発表会が行われました。

本学の卒業研究は選択科目のため、学生の自主性によるものです。
生活福祉では、2名の学生が発表しました。
 


苦労して取り組んだ卒業研究。
発表した後には、その人にしか味わえない爽快感が味わえたはずです。
 
 

卒業研究発表会の司会・運営も学生主体となって行われました。


 

お疲れ様でした!

 
 
 

【介護実習1-2実習報告会】

1月13日に12月のに行われた介護実習1-2の実習報告会が行われました。

 

1部では、実習担当の先生ごとにわかれて、一人7分の持ち時間で発表を行い、

2部では、介護実習Ⅰ-2を経験した全員で発表を行いました。

 

実習の目標にあわせた学びができたかを振り返り、

それぞれ自分の言葉で報告書をしました。

初めての報告会でみんな緊張でいっぱいでした。
 

自分自身の課題について振り返り、自分の課題を明確にしました。
 

1年生は、これから後期の試験が始まります。



 
 
 

生福2年 学外ボランティア

1月14日 

卒業を2ヵ月後に控えた2年生ですが、
最後に実習施設でもある特別養護老人ホーム「かざこしの里」で、
小正月行事の繭玉作りを利用者さんと一緒に行ってきました。
 


  
 
  


実習でお世話になった利用者さんとの久しぶりの再会で話に花が咲く学生や、
昔の小正月行事の様子を熱心に聞く学生、繭玉の作り方を教えてもらい
一緒につくる学生達。賑やかでした
 
4月から現場に出てゆく学生達に2年間の学びはしっかり生きているようです。
 

利用者さん達の表情も繭玉を作ったり学生とおしゃべりしている時はとても明るく
一足早く春が来たようでした。



 
 

生福2年 学外ボランティア まゆ玉作りの予行練習

1月12日 


1月14日に特別養護老人ホームかざこしの郷で小正月行事であるまゆ玉を作りに、

生福の2年生の有志が行くことになりました。


小正月のに米の粉でまゆ玉作り神様に豊作を祈った行事です。

養蚕が盛んだったこの伊那谷は「おかいこさま」と蚕を敬って呼んでいました。

今日はそのボランティアの練習を行いました。





米の粉の水加減や、木にまゆのように飾るなど

初めてのことで試行錯誤しましたが、かわいく飾ることができました。