スマートフォン版

» 2012 » 2月のブログ記事

生福2年 卒業時共通試験

2月15日に卒業時共通試験が行われました。
この試験は、全国の介護福祉士養成校の学生が、一斉に同じ試験を受けます。

2年間の学びの集大成です。
科目数11科目 午前と午後にわけて行われました。

そして…。
翌16日9:00合格発表が行われました。

現在、介護福祉士の養成校の学生は、国家試験受験が免除されていますが、
質の高い介護福祉士を出していくという意味で、この統一試験が行われています。

本学では、今年度43名の学生が受験して、全員合格しました。




発表の日には、
これまで頑張ってきたことを思うと、感激のあまり涙する学生もいました。
同じ目標をもって勉強してきた仲間と喜び会う姿は、キラキラと輝いて美しかったです。

卒業生がきました!! Part11

 

 2月 20日 (月)

平成20年度生の卒業生が遊びに来てくれました。

    今日は同窓会があるそうで、みんなで誘いあって遊びに来て下さいました。

    介護棟の先生たちは、会議中で、学生は春休み。
    春休みの介護棟に何やら楽しげな若い声が聞こえてきました??
    先生が用事があって、廊下に顔を出すと…。
    卒業生のみなさんがアドバイザーの先生の研究室の前で…。

    静かな介護棟に春が来たようです。楽しげ声が響きました。
    これから懐かしいメンバーと会う予定だそうです。

    介護の現場で活躍されているみなさんでした。

    また遊びに来て下さいね☆



生福専攻  事例報告会

2月1日生活福祉専攻と福祉専攻合同で事例報告会を行いました。

今年卒業を迎える2年生の最終実習での、受持ち利用者さんんについての
情報収集をから介護過程の展開を行った経過と結果、考察をそれぞれ報告しました。

    午前中は各指導教員ごとに会場を分け発表し、午後は視聴覚室に集合し全体発表を行いました。
    それぞれ学びの集大成として、事前にリハーサルを行い写真を効果的に映し出すことで、実践の様子を報告し合いました。



最後に自分はどのような介護福祉士になりたいのか、
2年間の学びの中で培った介護観を語る姿は
さまざまな実習を経験し乗り越えてきた自信を感じる立派なものでした。

発表は、「介護っていいなぁ」と実感できる事例ばかりでした。
一人ひとりの事例は違います。学生が一人の利用者さんに出会い、
利用者さんについて考えることに約4ヵ月間費やした貴重な記録をまとめたものでした。

本当にお疲れさまでした。

初めて参加した1年生は、巣立っていく先輩たちを尊敬の思いで見つめていました。

卒業生がきました!! Part10

 

 2月 13日 (月)

平成15年度生の卒業生が遊びに来てくれました。 


特別養護老人ホームに生活相談員として勤務されています。
今日はおめでたい報告に学校に来てくれました。

介護福祉士として働き経験を積んで、介護支援専門員の資格にチャレンジされ、
見事合格されたそうです。

実習でお世話になる後輩の面倒も良くみてくれる頼りになる先輩です。
この間は、ボランティアで、2年生がまゆ玉を作りに伺った時には、相談員として、
一緒に行ってくれました。
ボランティア等の調整もされているようです。

また遊びに来て下さいね☆