スマートフォン版

» 2014 » 10月のブログ記事

寝返り、起き上がり、起立の援助を学びました。

  2014年10月31日
「こころとからだのしくみⅠ」

理学療法士の先生にお越しいただき、寝返り、起き上がり、起立の援助方法を教えていただきました。
まずは、床ずれができやすい部位を確認するために、自分たちの身体を使って、出っ張っている骨を一つ一つ触ってみました。

次に、利用者さんの筋肉を使いながら、自然な動きを重視する体の動かし方を学びました。
介助者の負担も考慮しながら、利用者も無理がなく安心して寝返りや起き上がり、立ち上がりができるような方法を実際に体験しました。

今日の演習を通して、寝返りや起き上がりが、一つ一つの動作の組み合わせであることが分かりました。
その一つ一つの動作を利用者さんに分かりやすく伝えて、利用者さんが持っている力を大切にしながら援助することの重要性を学びました。
実習現場での介護技術に活用できるといいですね。

三六災害についてお聞きしました。

  2014年10月31日
「オーラルヒストリー」

片桐さんから三六災害についてお話をお聞きしました。

災害時には、石と石とがぶつかり合う激しい音が雷のような音に聞こえたこと、腐り始めた大きな木の根っこが生臭く感じたこと、そして家畜も目の前で流されていったことなど、生々しくお話しして下さいました。

片桐さんが若かった頃の出来事を聞きながら、学生は自分たちが作った大きな年表を見て、その頃がどんな時代だったのか確かめました。

また、災害が起きた時の情報の重要性に関連して、有線放送や黒電話のお話もして下さいました。

片桐さんから、生々しい災害の記憶をお聞きしたので、その時代の様子をさらに調べたいと思いました。
今後の実習の時に利用者さんとのコミュニケーションの際に役立てることができるといいですね。

臨床栄養実習*サバ寿司 けんちん汁 抹茶ミルクゼリー

今回は郷土食としてサバ寿司、けんちん汁、抹茶ミルクゼリーを作りました。
 
 
酢飯の作り方を確認し、サバ寿司の具もおいしく煮込めました。
かざりの薄焼き卵もきれいに焼けました。
けんちん汁は具だくさんで食べごたえがありました。


実習項目 学生の感想
サバ寿司 「鯖や干ししいたけにしっかり味がついていて、酢飯とよく合いおいしかった。」
けんちん汁 「野菜の味が出ており、素朴な味で温まった。」
抹茶ミルクゼリー 「口に入れた時に、トロッととけておいしかった。」

臨床栄養実習*五目がゆ 空也蒸しぎんあん かぼちゃのそぼろあんかけ

今回は軟食として五目がゆ、空也蒸しぎんあん、かぼちゃのそぼろあんかけを作りました。
 
 
五目がゆの具は小さくして飲み込み易くしました。
かぼちゃのそぼろあんかけは二番だしでも十分においしくできました。


実習項目 学生の感想
五目がゆ 「(食材の色が入り)見た目もとてもきれいで、おかゆには見えないくらいだった。」
空也蒸しぎんあん 「百合根の食感が良く、とろける感じでスルスルと食べられた。」
かぼちゃのそぼろあんかけ 「かぼちゃが軟らかく、味がしっかりついていておいしかった。」

パフェを売りました♪

  2014年10月19日
「学園祭」

第48回アカシア祭が行われました。



クラスの模擬店で白玉パフェを売りました。
300食強も売れました♪
買っていただいたお客様、ありがとうございました。

アカシア祭!!その1前夜祭

  2014年10月18日
「学園祭 前夜祭」

第48回アカシア祭 前夜祭が行われました。



 

1年生は、一般公開で作る「白玉パフェ」の宣伝を劇で行いました。
ダンスは「じょいふる」「ワンナイト・カーニバル」の2曲も踊ってしまいました。
ミスコンは…1・2生の美女が登場しました。
あまりのきれいさにため息が出ました。

臨床栄養実習*五目うどん サバの味噌煮 白和え

今回は和食の基本-麺類編-として五目うどん、サバの味噌煮、白和えを作りました。
 
 
サバの下処理をして、焦げないように丁寧に煮ることができました。
ゆでうどんや乾麺など麺の茹で方の違いを勉強し、うどんの茹で加減はばっちりでしたね。



実習項目 学生の感想
五目うどん 「だしの味と、なすや鶏肉から出ただしと、とてもおいしかった。」
サバの味噌煮 「皮が縮んでおらず、見た目も良かった。身はふっくらとしていておいしかった。」
白和え 「豆腐の香りが良く、衣も柔らかくておいしかった。」



校外に買い物に行ってきました!

  2014年10月9日
「コミュニケーション技術Ⅱ」

今日は、アイマスクをして校外に買い物に出かけました。

 

アイマスクをして歩いて買い物に行く利用者、その利用者を誘導する介助者を交代して体験しました。
アイマスクをして外を歩くと車の音など、普段あまり意識しない音でもとても恐怖に感じることが分かりました。
誘導者は自分がアイマスクをして感じた点を活かして、相手が恐怖心を抱かないように配慮して介助しました。
また、買い物は自分が買いたいものを選んだり、お金を払ったりと、目が見えないと困難な場面が沢山ありますが、誘導者からの情報がとても重要であることが分かりました。

卒業生が来ましたpart41

 


  
  卒業生が赤ちゃんを連れて遊びに来てくれました♪
卒後6年目の先輩です。
  思い出の10番教室で写真撮影しました。
    
   また遊びに来て下さいね☆

 

臨床栄養実習*かやくご飯 味噌汁 ごま和え

臨床栄養実習は生活福祉専攻1年生、家政専攻2年生の選択科目です。
高齢者が安全でおいしく食事をするための理論と技術を学びます。

今回は和食の基本としてかやくご飯、豆腐の味噌汁、ほうれん草のごま和えを作りました。
 
 
かやくご飯の具はささがきをしたり、ごまを炒って擦ったりと丁寧に作りました。
ご飯と味噌汁の出来上がり時間はばっちりでした!



実習項目 学生の感想
かやくご飯 「具の下拵えが忙しかった。具がたくさん入っていて食べやすい。」
豆腐の味噌汁 「だしがきいていて、三つ葉の風味もおいしかった。」
ほうれん草のごま和え 「ごまの風味があれば調味料が少なめでも美味しく頂けると思った。」



  • サイトマップ
  • PC版