スマートフォン版

» 2014 » 11月のブログ記事

臨床栄養実習*高血圧の食事

今回は栄養を考慮した献立として、高血圧の方の食事を作りました。
 
 
1日分を分担して調理し、高血圧で塩分制限された場合の食事1日分を試食しました。
味が薄いと感じにくいよう工夫をしますが、味の濃さはどうだったでしょうか。


学生の感想

薄味にしたが、見た目はあまり変わらずおいしそうに見えた。
全体的に味が物足りない感じがした。
塩分控えめで薄味だったけどおいしかった。
全体的に薄味であり、普段の食生活の味付けを考えて作っていかなければと思った。



生活福祉専攻1年生は来週から学外実習が始まります。
頑張ってきてくださいね。

マナーカルタ

  2014年11月20日
「介護総合演習」

いよいよ1年生の実習が12月から始まります。
実習に入る前に、もう一度マナーのことを振り返るため生活基礎演習で学んだマナーについてカルタをやってみました。

話の聞き方

  2014年11月20日
「人間とコミュニケーション」

話を聞くためには、どの様なことが大切なのかを一人ひとり考えてから、
大切なことをグループごとにまとめて、模造紙にまとめました。

 
 

1年生は来月から介護実習が始まります。
そこで出会う利用者さんとどう向き合ったらいいのかを自分たちなりにまとめました。
前回、言語障害を持つ当事者の方から話を聞いた経験から学んだことを忘れずに、
利用者さんとコミュニケーションをとれるといいですね。

化粧を体験しました!

  2014年11月17日
「生活支援技術D」

学生同士ペアになって、お化粧をしてみました。
自分はどんな時に化粧をするのかや、お化粧する意味について考えました。
そして、たとえ高齢になっても、障害があっても、施設で暮らしていても、入院しても、
きれいになることを支える介助の大切さを学びました。
お化粧をしてきれいになり、気持を上げて生活すること、
心に働きかけることも大切ですね。

今日の演習ではスキンケアの基本、高齢者向きの化粧について学び、お互いに化粧をし合ってみました。

介護者がどのような位置に立ちながら、お化粧の介助をするのか、コミュニケーションをとりやすい位置なども考えながら化粧を進めてみました。

お化粧が整うと、気分が活性化し、他者とお話ししたくなったり外出したくなったりします。
身だしなみも大切ですが、さらに「きれい」になることのお手伝いができるといいですね。

臨床栄養実習*グラタン サーモンのマリネ、生クリームかけバナナ

今回は洋食献立として、マカロニグラタン、ツナとポテトのグラタン、サーモンのマリネ、生クリームかけバナナを作りました。
 
 
グラタンは普通のマカロニグラタンと具をミキサーですり潰したものを具にしたグラタンを作りました。
グラタンではホワイトソースを、マリネではラビゴットソースを学びました。


実習項目 学生の感想
マカロニグラタン 「本格的なマカロニグラタンで、家でも簡単に作れそうだなと思った。」
ツナとポテトのグラタン 「スープのようになったが、柔らかいので食べやすかった。」
サーモンのマリネ 「マリネにキウイは合わないだろうと思ったが、食べてみたら意外と美味しくてびっくりした。」
生クリームかけバナナ 「生クリームがかかっていることで嚥下しやすくなった。」


臨床栄養実習*卵雑炊 鮭の幽庵焼 炊き合わせ きゅうりとわかめの酢の物

今回は卵雑炊、鮭の幽庵焼き、炊き合わせ、きゅうりとわかめの酢の物を作りました。
 
 
炊き合わせは食材ごとに丁寧に煮物にするので手間がかかりました。
にんじんの色煮は包丁で梅の花の形に切ったり、末広切りにしてきれいに仕上げました。


実習項目 学生の感想
卵雑炊 「やさしい味でスルスルと食べられた。消化もよさそうで、高齢者にもとても良い。」
鮭の幽庵焼 「柚子の味がしておいしかった。」
炊き合わせ 「旨味がしっかりしみ込んでいておいしい。」
きゅうりとわかめの酢の物 「酢が強すぎずおいしくいただけた。」


「話を聞く」を体験する

  2014年11月7日
「人間関係とコミュニケーション」

当事者の方に来ていただき、障害のこと、生活の様子、仕事のこと、趣味のことなどお話をお聞きしました。

奥さんや可愛らしい子どもさん達も来てくださり、授業に参加してくれました。

何度も聞き返すことが失礼だと思い、聞き取ることができなかったのに分かったふりをしてしまうことがありましたが、そのこと自体が失礼にあたることも分かりました。
相手のことを知りたい、理解したいと熱意を持って聞くことの大切さを学びました。

おしゃれの支援

  2014年11月6日
「生活支援技術D」

爪の手入れや皮膚の清潔について学んできました。
今日の演習では実際に学生同志でマニキュアを塗りあっておしゃれを体験してみました。

どの色が好みであるのか、どの様な模様がいいのか選んで、色々お話しながら進めました。

実際に爪が整ってみると、楽しくなって心がウキウキして、外に出かけてみたくなりました。
マニキュアは長い期間おしゃれを楽しめます。
今は高齢者の施設でもマニキュアなどおしゃれを楽しむような支援が重要になっています。

臨床栄養実習*天ぷら、味噌汁、おろし和え

今回は揚げ物として天ぷらを中心とした料理を作りました。
飲み込みが困難な人のための天ぷらも作り、調理の工夫についても学びました。
 

飲み込みが困難な人のための天ぷらでは食材の下拵え、衣や天つゆへの工夫をしました。
こってりとした揚げ物にはさっぱりとしたおろし和えをあわせました。


実習項目 学生の感想
天ぷら 「揚げる温度、揚げたてを食べられる手順、段取りがとても大切で、ひと手間を加えることでとても美味しく頂けた。」
天ぷら(飲み込みが困難な人対象) 「天つゆにとろみがつくことで天ぷら自体が飲み込み易かった。」
じゃがいもとわかめの味噌汁 「自分たちで調節した味噌の量は丁度よく、じゃが芋の柔らかさもよかった。」
おろし和え 「サッパリしていて、りんごが合っていてとてもおいしかった。」


  • サイトマップ
  • PC版