スマートフォン版

» 2015 » 1月のブログ記事

介護実習Ⅰ-2 報告会

  2015年1月7日
「1年生事例報告会」

介護実習Ⅰ-2の実習が終了し、体験を振り返りました。
実習の学びをまとめ、今後の課題を明らかにし、皆の前で発表しました。

 

また、他者の学びを知り、質問したり意見を出し合い、自分の体験を見つめなおす機会にもなりました。

発表が終わり、これから報告書としてまとめます。
今回明らかになった課題を、春休み期間も活用して克服できるようそれぞれ、休み中の目標も立てました!
来年度の実習に向けて、少しでも成長できるよう頑張ります!(^^)!

臨床栄養実習*行事食

今回は行事食として、3月3日桃の節句(上巳の節句)にちなんだ献立で作りました。
 
節句の食事の他にも、入学式や還暦など生涯に訪れるものも行事食に含まれます。
先日の成人の日では「晴れ着」を着るなど、「ハレ」の日と「ケ」の日で言えば行事食は「ハレ」の日の食事になります。
この実習も今回で最後です。実習で学んだ調理方法など、ぜひ生かしてもらえればと思います。


実習項目 学生の感想
雛まつり寿司 「彩り、見た目もとてもよかった。具もしっかり入っていたのでお腹いっぱいになった。」
菜の花のおひたし 「苦味があり、かつお節を振りかけたことでおいしさが増したような感じ。」
蛤の潮汁 「味見をしたときは味が薄く感じたが、ねぎを入れたらおいしかった。」


臨床栄養実習*介護食

今回は介護食として、小田巻蒸し、ほたてと鮭の寒天寄せ、スイートポテトを作りました。
 
 
小田巻蒸しは以前作った空也蒸しの中身をうどんにしたものです。
水分や油分を利用して食べやすくする工夫は身についてきたかと思います。


実習項目 学生の感想
小田巻蒸し 「だしの味がしっかりついている。麺を短く切ったので飲み込みやすい。」
ほたてと鮭の寒天寄せ 「ほたて缶の汁のだしが出ていた。ほたてと鮭が合っていておいしかった。」
スイートポテト 「バターの風味が良かった。お茶と共に食べるなら良さそうだと思った。」


臨床栄養実習*高齢者ソフト食

今回は高齢者ソフト食として、変わりのり巻き、かぼちゃのがんも、りんごのコンポートを作りました。
 
 
ゼラチンの入ったごはんや、マッシュしたかぼちゃのがんもなど、噛みやすくやわらかい食事です。
目で見て食べ物を確認するところから「食べる」ことが始まっていることを確認しました。


実習項目 学生の感想
変わりのり巻き 「柔らかいので巻きにくかったが、舌でつぶせる固さで食べやすかった。」
かぼちゃのがんも 「あんがトロッとしており、一緒にがんもを食べることで飲み込み易かった。」
りんごのコンポート 「口の中に入れるとリンゴがとろけるくらいに煮詰められており、生クリームを添えることで喉にするりと入りやすいが感じられら」


  • サイトマップ
  • PC版