実習報告会ー卒業生の軌跡ーその2

  
   生活福祉2年生

昨年の10月から、2年生は最終実習を行いました。
その時受け持たせていただいた利用者さんとの関わりを
事例としてまとめ報告を行いました。 



 
実習終了から1月末まで、受け持ちさんとの出会いから、
自分はどのように声をかけたのかなどを、1つ1つを振り返りました。
この実習で、学生は介護計画を立案し、実践するまでを経験しました。
自分の介護計画は利用者さんにとって適切なのか、
利用者さんの気持ちに思いを馳せて、考え続けた4ヵ月間でした。
そこから、多くのことを学び、自分がどんな介護をしていくのか、
何を大切にするのかを考えました。
それは、長いトンネルのような作業でしたが、
自己の介護観を明確にすることができた2年生は誰もが、
自信を持って報告を行っていました。