H28年度児童福祉施設大会に参加してきました!

6月2日(木)に、児童福祉施設大会に幼児教育学科1年、2年が参加してまいりました。場所は松本市のキッセイ文化ホールです。大型バス2台を貸し切って行ってまいりました!

皆で遠出するのは初めてなので、なんだかいつもと違い、テンションも上がりますね。

 

 

 

 

 

 

バスに乗ってもこんな感じ!

 

 

 

 

 

さて、高速道路にのり、パーキングで休憩したあと、ようやくキッセイ文化ホールに到着です。会場のロビーには、長野県内の乳児院・児童養護施設が自分たちの施設を紹介するため、子どもたちと職員の方が一緒に作ったパネルが展示してあります。思わず微笑んでしまうかわいらしいものから、丁寧に作られた力作など様々に趣向が凝らされており、とっても見ごたえがありました!保育者を目指す学生達にとっては大変勉強になります。学生たちも真剣に見入っていました。

 

 

 

 

 

さて、講演が始まりました。講師の先生から、社会的養護における子どもの最善の利益をどのように保障していくかについて、大変含蓄のあるお話を聴くことが出来ました。

 

 

 

 

 

また、実践報告では、日々子どもと関わっておられる児童養護施設の職員の方のご苦労や子ども達と関わる際の自分自身の心構えなど大変勉強になるお話をお聞きすることができました。

2年生は実習が始まりますし、1年生も本格的な勉強に入ります!現場の雰囲気を感じることが出来た一日となったのではないでしょうか。