新年度【YOKYO GARTEN】

前期の講義が始まり、3日目。今年度初めてのYOKYO GARTENがありました。YOKYO GARTENは幼児教育学科の1年生、2年生が、授業ではできない実践的な学びをしようという時間です。

今年度は、「遊び」をテーマに活動を始めました。保育者になったとき、子どもたちと遊ぶことは日常になります。その中でときには「お山の大将」のようになって子どもたちを率いて走り回るような保育者に…というイメージを持っての活動です。

今日は、今後の活動の進め方について簡単な説明を行った後、田中先生のリードで、実際にみんなで遊んでみました。残念ながら、前日雨が降ったので、室内でできる遊びになりましたが、みんな大騒ぎで、充分楽しめたようです。

 

 

 

 

 

アイスブレイク「先生とジャンケン」「後出しジャンケン」

 

 

 

 

 

「動物交差点」背中に動物カードをつけています。「わたしは何を食べますか?」など、いろいろな人に質問を繰り返して、自分が何の動物かを考えてあてる遊びです。

終わった後は、みんな笑顔に!「こんなに笑ったの久しぶり!」という声も出てくるぐらい、楽しい時間を過ごせました。

さて、次からは、自分たちで遊びを考えていきます。みんなが笑顔になる遊びがたくさん生まれることを願っています。