かざこし子どもの森公園学生企画イベント!

9月24日に、かざこし子どもの森公園で、幼児教育学科1年生の企画による 子ども遊びイベントが開催されました。 当日は、さわやかな秋晴れ・快晴で、とても気持ちの良い天気の中で、 子どもと思いっきり楽しみました! スタンプラリーのカードをもらって出発です。

「なかまの館」では、マラカス作りが行われました。子どもたちが容器の中にビーズや小枝、小石などを入れ、自分の好きな音色のマラカスを作りました。回りに絵を描いたり、かわいいマスキングテープで飾ったり、個性豊かに出来上がりました。

 もぐらたたきゲームです。どこからもぐらが飛び出すかわかりません。(学生が手動で出しています。)子どもたちも夢中でたたきます。

コイン落としゲームは、スーパーマリオのゲームのよう…。コインを落としてえんとつに入るか?!

来てくれた子どもたちへのプレゼントも手作りです。ストラックイン!小さなボールを投げて箱の穴へ!ボールが飛んでいかないように、ブルーシートで壁を作ったのは、グッドアイデアでした。   障害物競争。段ボールキャタピラで動くのはなかなか難しい!子どもの発達段階に合わせて、ルールも変更します。

芝すべりでは、段ボールには子どもたちの好きなキャラクターが描かれ、選ぶ楽しみも…。坂の上では、一人ずつちゃんと乗れるようにサポートし、下では滑り降りてくるのを待って止めてあげる。安全に遊べるような配慮もできていました。

お天気も良く、大勢の子どもたちが参加してくれました。準備の時間も入れると結構長時間になり、疲れも見えましたが、充実感でいっぱいの笑顔で解散しました。