【実践】平成30年度いいだこどもまつり参加!【経験】

4月22日、朝からぐんぐん気温が上がり、夏のような暑さの中、

飯田市にある四季のひろばにて、

第44回いいだこどもまつりが開催されました!

幼児教育学科1年生で、「子育て支援Ⅰ」を履修している学生のうち、

約30人が当日スタッフとして参加しました。

長い歴史のあるこのイベントですが、毎年多くの方がそれぞれの得意分野

を活かしたブースで子どもたちの好奇心や楽しい気持ちを刺激しています!

各自朝のミーティングで諸注意を確認した後、それぞれの担当ブースに

散らばります。

こちらは「ウォークラリー」のスタッフです。

今回は「飯田弁」をテーマに公園のあちこちに問題が隠されていました。

これで飯田弁マスターです☆

けん玉ブースです。

保育所でも幼稚園やこども園でもけん玉は人気の遊びですので、

マスターしておいて損はありません!

全くの初心者だった二人ですが、猛練習の末「7級」に認定されました!!

やった☆

こちらは竹細工です。竹を加工して弓矢を作ります。

安全に注意しながら、的に向かって実際に飛ばせる本格的な弓矢です。

鳩時計を制作している会社からのご厚意で、端材をいただき、それで

好きなように工作できるコーナーです。大人も子どもも思わず夢中に☆

 

こちらは、くぎを炭火にくべて熱し、たたいてペーパーナイフを作成する

鍛冶屋さんブースです。火を使うのと、熱した釘をたたくので安全には

細心の注意が必要です。保育者は子どもが生活する環境について

あらゆる危険を予測しておく必要があります。

ここでは実際に身をもって体験しながら学べますね!

こちらは炭火でパンを焼くブースです。

しっかりとした温度になるまで頑張って熱します!

パン生地をこねます。ひたすらこねます。

そのあと30分くらい寝かせて生地を発酵させます。

そうしないと、膨らまないんですねー。

親子でのパン焼きを手伝う学生。

ちょっと焦げてる!?

こちらは火起こしブースですね。

一生懸命頑張っている子どもを学生がサポートしています。

とても自然な感じでサポートしていました。

巷で話題の「スラックライン」

ちょっと前に、長野大会がありましたね。

やってみると、バランスが取れず全然できない!

でも体幹が鍛えられてとっても楽しい!

大きな段ボールで迷路を作っています。

ちょっとした工夫でとても魅力的な感じに仕上がりますね!

天気にも恵まれ、大勢の親子や子どもが参加してくれました!

暑かったですが、実際の子育て支援の現場で地域の大人と一緒に

子育てについて大切なことを実践で学ぶことができました。

いいだこどもまつりスタッフの皆さん、ありがとうございました!

学生の皆さん、お疲れ様でした!!